ORIZUME - オリズメ

3668.報道比較2019.3.7

3668.報道比較2019.3.7 はコメントを受け付けていません。

ゴーン氏の問題は、日本のスタンダードが世界で認められない好例。こんな特殊性を容認していたら、世界の投資は日本から逃げるだろうし、旅行者さえ減るだろう。

Wall Street Journal
ゴーン前会長保釈、だが正義は一体どこに (2019.3.6)

朝日新聞・社説
ゴーン被告保釈 勾留のあり方見直す時

産経新聞・社説
ゴーン被告保釈 安易な先例化を危惧する

日本のスタンダードが世界で認められない好例。こんな特殊性を容認していたら、世界の投資は日本から逃げるだろうし、旅行者さえ減るだろう。私は司法の是正よりも、もちろんゴーン氏の逆襲に興味がある。ダース・ベーダーより怖そうな彼が、どこまでの戦いを挑むだろう?世界の人で日産にルークがいると見ている人はいない。日産や日本こそが悪の帝国に見えているだろう。

朝日新聞・社説
森友問題 国会が全容の解明を

朝日が切り開いたスクープだ。産経が拉致問題にこだわるように、朝日にはこれからもずっとこの問題を追い続けて欲しい。田中角栄を追いつめたような結果に至れる可能性を秘めている。朝日は戦略を持っているだろうか?闇雲に籠池氏を追っていていいのだろうか?

毎日新聞・社説
親による体罰の禁止 懲戒権の廃止を速やかに

賛成。今の日本の荒廃ぶりを考えたら、人権侵害のあらゆる部分に法による保護を明文化しておいた方が安全だ。締めつけなければ社会に問題が起きる日本の現状は哀しいが、犠牲者が多過ぎる。法が先行すべき状況だ。

毎日新聞・社説
関心高まる骨髄バンク ドナーへの支援策拡充を

関心を引くトピックで事が前進したのはすばらしい。できれば、関心を高めることがなぜできなかったのか、振り返って欲しい。

読売新聞・社説
参院予算委員会 円滑な消費増税へ議論尽くせ

送金業の改革 安全性と悪用防止を最優先に

相変わらず読売は、官報のような役目しか果たせなくなっているが、送金の改正インパクトは大きい。100万円の送金ができれば、日常生活の商取引はほぼ金融機関でなくとも送金できる可能性が高まる。クレジットカードさえスルーできる潜在力を持つ規制緩和。果たして今の日本にできるだろうか?

Comments are closed.