ORIZUME - オリズメ

3661.報道比較2019.2.28

3661.報道比較2019.2.28 はコメントを受け付けていません。

極論すれば、リーダーシップの半分はパーソナリティだ。

Wall Street Journal
トランプ氏元側近の劇場型証言 (2019.2.28)

トランプ氏、就任後に犯罪行為に関与 元弁護士が証言 (2019.2.28)

米朝首脳会談が見えている時期のこの裁判は運命?意図的?トランプ氏は気が散っただろう。大したインパクトもない供述だが、アメリカ国民が感じた心情は?北朝鮮が感じた交渉相手としての資質は?この人が2年後にもアメリカ大統領かを信じられただろうか?極論すれば、リーダーシップの半分はパーソナリティ、人間性だ。残りに余りある実績があったとしても、人間性のひどさはリーダーの椅子に座る資格を失わせるに十分だ。トランプ氏には実績と能力さえ問題視されている。私には、米朝首脳会談さえ時間の無駄に見えてきた。

朝日新聞・社説
統計不正検証 これでは納得できない

毎日新聞・社説
統計不正の原因は 政府が解明を阻んでいる

新聞がどこまで本気で取材しているのか、政権を糾そうとしているのか、気になる。安倍政権を何度も追い詰めることに失敗した過去をどれくらい反省しているだろう?どれだけやり方を変えただろう?問題は政権ではなくメディア自身にある。

朝日新聞・社説
英のEU離脱 時間稼ぎでない延期を

同じ教訓を、ぜひ日本の政治とメディアに。

毎日新聞・社説
辺野古めぐる新状況 「唯一」の固定観念を正せ

賛成。唯一と政府がこだわる工事の土台が揺らいでいる。対話に切り替える潮時だろう。時期を逸すれば、後で起きる批判はすべて安倍政権に返ってくる。

産経新聞・社説
血液がん製剤 新薬治療に万全の態勢を

昨日、毎日が触れた話題。いつものように似た内容になっている。他紙をチェックする姿勢はないようだ。

読売新聞・社説
自衛官の募集 市町村の協力得る態勢整えよ

読売新聞・社説
企業型保育所 安心して預けられる仕組みに

安倍氏の上滑りした言葉が、忖度されたように要請になって地方自治へ向かう。批判は内閣府が取りまとめて指導として民間企業にアメとムチとして行使される。読売はいつも政府を支援する。気味が悪い。

Comments are closed.