ORIZUME - オリズメ

3659.報道比較2019.2.26

3659.報道比較2019.2.26 はコメントを受け付けていません。

キーン氏のような人たちが愛する日本は、この10年で過剰に衰弱した。政治がすべての原因ではないだろうが、安倍政権はこの状況を確実に利用している。一人ひとりが頑なでいること、自分を見失わないことが本当に求められている。

朝日新聞・社説
キーン氏逝く 愛情と苦言を残して

毎日新聞・社説
ドナルド・キーンさん死去 日本に注いだ無限の愛情

読売新聞・社説
キーンさん死去 日本文学の精髄を広く伝えた

私はキーン氏をほとんど知らないが、産経だけ無視する日本の新聞の反応から、メディアや政治がどのように彼を扱ってきたのか、彼が残念に思う日本の衰退がどれほど日本社会を覆っているのか想像できる。キーン氏のような人たちが愛する日本は、この10年で過剰に衰弱した。経済的な失われた30年とは因果関係はあっても別の事象だと思う。政治がすべての原因ではないだろうが、安倍政権はこの状況を確実に利用している。一人ひとりが頑なでいること、自分を見失わないことが本当に求められている。

朝日新聞・社説
政権と沖縄 これが民主主義の国か

読売新聞・社説
沖縄県民投票 着実な負担軽減へ混乱回避を

昨日、結果が出て読売以外が取り上げたトピック。読売の予想どおりの主張と、昨日につづいて朝日が感情的に政府批判。まるで噛み合わない両者の主張は、政府の強行を許している。沖縄には戦略がいる。ずっと私が感じつづけているのは、それだけだ。

産経新聞・社説
米朝首脳再会談 政治ショーなら要らない

毎日新聞・社説
期限先送りの米中交渉 不毛な応酬の早期終結を

Wall Street Journal
金正恩氏といかに交渉するか (2019.2.25)

日本の発想にはロジックはあるのだろうか?目的はあるのだろうか?Wall Street Journalのようなコンテンツが日本で読める日は、戦後70年を経ても得られなかった。この進歩のなさが哀しい。

Comments are closed.