ORIZUME - オリズメ

3637.報道比較2019.2.4

3637.報道比較2019.2.4 はコメントを受け付けていません。

中国経済は、ついに企業決算にも悪材料が顕在化しはじめたようだ。

Wall Street Journal
中国企業に迫る赤字決算の波、上場廃止回避目指す (2019.2.4)

中国経済は、ついに企業決算にも悪材料が顕在化しはじめたようだ。国有企業ばかりのような中国の基盤が揺らいでいるのだから、衝撃は想像以上に波及する。備えたい。同じ状況は日本にも当てはまる。日銀が支えた株価、この先、変な形で日本経済の基盤を揺るがす事にならないだろうか?

朝日新聞・社説
Tカードと捜査 不信広がる危うい運用

朝日の主張に強く同意。これで一般にもなぜ見せるだけでポイントが貯まるのか、その代わりにどれだけのプライバシーを犠牲にしているのか、認識した方がいい。CCCのプライバシーを気にしない姿勢にも要注意だ。個人情報をカネに変える企業をメディアは問題視した方がいい。また広告主への配慮をする新聞社が出てくるだろう。こういう時の態度が、企業の隠れた側面を露呈する。見逃してはならない。

産経新聞・社説
韓国が「石油」供給 対北制裁破りに大義なし

産経の韓国、中国への攻撃は無視しているが、今回の話題は冷静に問題だ。韓国の北朝鮮への甘さが際立った。食料は人道的な配慮として判るが、石油はアメリカが中国に注文をつけるほど注視していた物資。アメリカも問題視するだろう。

朝日新聞・社説
中国の人口 人権に配慮した政策を

最近の朝日の社説のテーマは唐突。しかも韓国、中国への批判が強く、産経に近いスタンスに向かっているのでは?と気がかりになる。なぜ今?朝日の感覚が分からない。

産経新聞・社説
特別養子縁組 子の安全と幸せ最優先に

毎日新聞・社説
政府の財政見通し 放漫を正当化するだけだ

読売新聞・社説
日欧EPA発効 堅固な協調で自由貿易を守れ

昨日までに他紙が取り上げた話題。新鮮味があるものはひとつもない。他紙を読んでから語って欲しい。

Comments are closed.