ORIZUME - オリズメ

3635.報道比較2019.2.2

3635.報道比較2019.2.2 はコメントを受け付けていません。

中国経済の減速は、やがて日本に大きなインパクトを与えるだろう。浮かれているなら、要注意だ。不動産、インバウンドは大丈夫だろうか?

Wall Street Journal
中国経済の急減速、反動で世界に衝撃波 (2019.2.1)

Apple Shockを自身への警告と見込んで身構えている日本企業はどれくらいいるだろうか?リーマン・ショックでもそうだったように、鈍感なまま対岸の火事と受け止めていたことが、自国経済の低迷となって波及していく可能性は十分にある。中国経済の減速も、やがて日本に大きなインパクトを与えるだろう。浮かれているなら、要注意だ。不動産、インバウンドは大丈夫だろうか?

朝日新聞・社説
火災への備え 起こさず広げぬために

千葉・小4死亡 大人がつぶしたSOS

毎日新聞・社説
千葉の小4女児虐待死 後を絶たぬ事なかれ主義

この手の話題を社説で取り上げるなら、論理的な思考の後にして欲しい。感情的な言葉を並べても何も変わらない。だから同じことが何度も起きる。2人も人が死んだのだ。政治を動かす段階に来ている。なぜ問い詰めないのか?

毎日新聞・社説
リーマン危機と日銀 教訓は生かされていない

読売新聞・社説
景気「戦後最長」 恩恵実感へ滞留資金動かそう

毎日は、なぜかリーマンショックの危機をいま語っている。意味が不明だ。戦後最長の景気という話題からの関連としては、かなり無理がある。滞留資金970兆円と読売が言うが、ゆうちょ銀の上限と関連して語って欲しい。政府に迎合している読売にはできない仕事だ。毎日が適切な視点で掘り下げるべきだ。

読売新聞・社説
長崎大BSL4 感染症への防御力を高めたい

政府の全面支援という言葉がひっかかる。政府に批判的な朝日や毎日の意見を聞きたい。

Comments are closed.