ORIZUME - オリズメ

3598.報道比較2018.12.26

3598.報道比較2018.12.26 はコメントを受け付けていません。

株安で大騒ぎ。朝日、日経、読売はこの先の株安に脅えながらも冷静。産経と毎日はトランプ氏批判。Wall Street JournalはFRBを標的にしている。

Wall Street Journal
自信過剰のFRBがもたらした株価急落 (2018.12.25)

朝日新聞・社説
株価急落 実体経済の動き注視を

産経新聞・社説
株価2万円割れ 景気への影響を見極めよ

日本経済新聞・社説
米政治混乱への警戒映す世界の株安連鎖

毎日新聞・社説
米国発の世界的株急落 大統領自らが重大リスク

読売新聞・社説
株2万円割れ 外部ショックへ耐性高めたい

株安で大騒ぎ。朝日、日経、読売はこの先の株安に脅えながらも冷静。産経と毎日はトランプ氏批判。Wall Street JournalはFRBを標的にしている。どれももっともらしいが、売りたい心理が盛り上がったというのがシンプルな理由のはず。アメリカは雇用が安定しているのだから、トランプ氏が煽った不安で株を売るなら海外勢。中国も今回の株安には巻き込まれていない。となると、FRBが発端というWall Street Journalの見立ては信憑性が高い。ならばこの先も金利次第か?

朝日新聞・社説
外国人共生策 羅列で終わらせるな

産経新聞・社説
外国人の就労方針 不明瞭さ解消には程遠い

毎日新聞・社説
就労外国人 政府の基本方針 安心して働ける環境こそ

これはしくじるのでは?と心配になる。今までの安全保障やバラマキとは訳が違う。相手が外国人で、トラブルが起きた時に収拾がつかない。今の政府の姿勢にはまるで問題解決の意思が感じられない。準備不足で起きる問題のレベルを考えると、ぞっとする。近づかない方がいい問題になってきた。

Comments are closed.