ORIZUME - オリズメ

3594.報道比較2018.12.22

3594.報道比較2018.12.22 はコメントを受け付けていません。

どこまでもツケがたまる国家予算。安倍政権になってからひどさに拍車がかかっている。

朝日新聞・社説
101兆円予算 不安が募る「過去最大」

産経新聞・社説
来年度予算案 選択と集中の意思見えぬ

日本経済新聞・社説
財政・社会保障の持続へ次の改革を

毎日新聞・社説
初の100兆円予算案 借金漬けでも野放図とは

読売新聞・社説
19年度予算案 異例の景気対策で100兆超えた

国内5紙が揃って取り上げた来年度予算。主張が完全一致に近いほど似ている。批判のポイントはバラマキに見える増税の景気対策の不毛さと、安倍政権が突如増税の根拠に挙げた教育無償化などの追加財政。社会保障の増額を賄うのが目的だった増税に、使い道もセットで増やせば、この結果は当然。参議院選前に公務員にしてやられたという事だろうか。消えてなくなる景気対策のツケが利息を伴って未来に増税として返ってくる。その時、当然、安倍氏は責任の外にいる。政治がやると、これは詐欺ではないのだろうか?

産経新聞・社説
ゴーン被告再逮捕 批判恐れず全容の解明を

毎日新聞・社説
3回目のゴーン前会長逮捕 急展開する特捜部の捜査

なぜ国内紙には情報がないのか?取材しているのか?意図的に隠しているのではないか?Wall Street Journalのコンテンツのレベルの高さは、能力の差だけではない。日本のメディアが意図的に動いているように見える。

朝日新聞・社説
米シリア撤退 戦略なき独断の危うさ

トランプ政権で、ここ数日で何かが壊れた。トランプ氏が決断する何かが。彼は短絡的だが、理由もなく動く事はない。その理由を日本の新聞が嗅ぎつける能力はないだろう。海外紙の仕事を待とう。

Wall Street Journal
巨大IT企業のスーパースター化、富の偏在に拍車 (2018.12.19)

ITを誤解している人たちへの解が、ここにある。テクノロジーはツールであり、答えではない。選択肢であって必須ではない。テクノロジーを使ってマジックを起こすのは人であって、マシンではない。それを知る人たちが栄え、使われる人たちは悩み、使えない人たちが取り残されている。学ぼう。呑まれる事なく。

Comments are closed.