ORIZUME - オリズメ

134.iOS App 開発者 心 の Apple Special Event October 2010: Keynote の雑感

0

  • iLife11やMacBookAirなどボリューム感のある講演だったが、やはり個人的にはOSX10.7とMac App Storeが衝撃的
  • OSX10.7 Lion は今回のMacBookAirを見送ろうと思うくらい魅力的。逆にLionが乗ったAirはかなり欲しい。Mac OSとiOSは形こそ違えど、目指すところは同じだと思うので今回の新OSでAppleの方向性が見えるような気がする。
  • MacAppStoreは今後の動向が気になるところ。従来のCD/DVDでの販売がなくなることはないと思うが、利便性からMacAppStoreが主流になる流れも十分に考えられる。PhotoshopがMacAppStoreに並ぶ日が来るのかもしれない。
    また、アプリリリースのハードルが極端に下がるため、価格破壊が起きるんじゃないだろうか。
    iOS Appブームは確実にAppleプラットフォームにデベロッパーを集めただろうから、その流れでMacアプリ市場が極端に膨らんだ場合の価格帯の移行次第ではAdobeのような高級・高機能なソフトウェアを生業とする企業は苦境に立たされるかもしれない。将来的にはiOS AppのようにAppleが流通を強制的に絞る可能性もないとは言えないので、仮にそうなった場合そもそも3:7という「みかじめ料」を吸収しつつ他のプラットフォームとのバランスを取り、なおかつ現在のビジネス形態を維持するのは至難の業に思える。

——————————–

僕のような個人開発者にとってはMacAppStoreは単純に嬉しい反面、リソース不足から確実に選択を迫られるなあというのが正直なところ。
MacBook AirへのFlash非搭載も気になるところだし、今回の発表に伴う業界全体の動きは目が離せないです。

2010.10.21 kokoro

Comments are closed.