ORIZUME - オリズメ

3559.報道比較2018.11.17

3559.報道比較2018.11.17 はコメントを受け付けていません。

国内紙の劣化が鮮明な週末。話題の選定にも老化が感じられる。もはや経営統合でもした方がいいのでは?

Wall Street Journal
合意なき離脱に現実味、不安募らせる英企業 (2018.11.17)

産経新聞・社説
英EU離脱合意 議会承認に冷静な判断を

読売新聞・社説
英EU離脱合意 メイ氏の足元が揺らいでいる

昨日、日経と毎日が迅速に話題にしたブレグジット。後を追ったのは産経と読売。朝日だけが無視して自衛隊と日本テレビ批判。しくじったな、朝日、の印象だ。
昨日も書いたが、メイ氏をスケープゴートにするような非建設的な政治はやめた方がいい。全員で力を合わせても難しい仕事のはず。抵抗しても時間を浪費するだけだ。

日本経済新聞・社説
食品の地理的表示の定着を

ヨーロッパと比べて、どれくらいの時差なのだろう?その時差こそ、日本の政治の発想が世界とどれだけ遅れているかを示している。商標は防御にはなるが攻めにはならない。ブランド価値を高めるセンスが日本にあるだろうか?

毎日新聞・社説
就労外国人 ずさんなデータ 付け焼き刃ぶりが表れた

ミスの指摘よりも、先行してデータを出したら新聞は評価されるだろう。起きていることの批判だけでは、何の価値もない。

日本経済新聞・社説
自由貿易維持へRCEPを漂流させるな

毎日新聞・社説
ASEANと米中両国 大国のバランスをてこに

昨日、読売が先んじたトピック。昨日の読売と同様、内容は平凡なもの。日本の新聞はどれを読んでも変わらないなら、経営統合でもした方がいいのでは?何の差別化にもなっていない。

読売新聞・社説
ATM相互開放 利便性への配慮を忘れずに

小さい話。銀行のPRか?

朝日新聞・社説
自衛隊の事故 再発防止へ足元を見よ

イッテQ疑惑 放送への信頼傷つけた

自衛隊の事故は良いとして、テレビ番組制作の批判に社説を割くくらいなら、せめてブレグジットかRCEPを追う方が全国紙の姿だろう。政府の批判にかまけていたら、批判するクセがついてしまったのでは?劣化だ。

Comments are closed.