ORIZUME - オリズメ

3550.報道比較2018.11.8

3550.報道比較2018.11.8 はコメントを受け付けていません。

中間選挙が終わった。分断は進んだ。

Wall Street Journal
共和党はトランプ路線の修正必須 (2018.11.7)

トランプ氏の中間選挙、惨敗避けて得たもの (2018.11.7)

トランプ氏に迫る捜査の手 民主党の下院奪回で (2018.11.8)

トランプ氏、選挙は「大勝利」 閣僚入れ替え検討 (2018.11.8)

トランプ氏の政策運営、民主の下院奪取でこう変わる (2018.11.8)

「レームダック」米議会、国境の壁ますます難関に (2018.11.8)

朝日新聞・社説
米中間選挙 民主主義を立て直せ

産経新聞・社説
米中間選挙 同盟国重視の本道に返れ 日本は対中新冷戦に備えよ

日本経済新聞・社説
米国の分断を鮮明にした中間選挙

毎日新聞・社説
米中間選挙とトランプ政権 「憎悪の政治」に終止符を

読売新聞・社説
民主が下院奪還 米政治の混迷にどう備えるか

予想が覆ることが多かった最近の選挙で、事前の予測に近い結果的になった中間選挙。Wall Street Journalの話題は、ほとんどが弾劾の可能性。高揚も失望もない。トランプ氏が変わることもないだろうが、今までどおりにはいかなくなるだろう。日本の新聞で、Wall Street Journalに似た主張をしているのは日経。他は、感情的になったり、北朝鮮の話題に固執したり…共感できるものは少ない。選挙後に急騰したに見えるアメリカの株価も長くつづくとは思えない。むしろ、どこかでズドンと来るのでは?と恐くなる。アメリカの分断はますます鮮明になった。国全体が結束することは、当分ないのかもしれない。

朝日新聞・社説
東海第二原発 再稼働は容認できない

読売新聞・社説
スバル検査不正 自浄能力の欠如にあきれる

朝日と読売だけが、アメリカ中間選挙以外にひとつ話題を探した努力は認める。内容は、いつ書いてもいいような当たり障りのないもの。無益だ。

Comments are closed.