ORIZUME - オリズメ

3538.報道比較2018.10.27

3538.報道比較2018.10.27 はコメントを受け付けていません。

どれだけ敵対していても、モメている方がいい国際関係はない。緊張はひとつの戦略。中国は意図して対立と友好を使いこなしている。日本にその冷静さがあるだろうか?

産経新聞・社説
日中首脳会談 「覇権」阻む意思が見えぬ 誤ったメッセージを与えた

日本経済新聞・社説
日中は将来見据えた安定的な関係築け

毎日新聞・社説
節目の日中首脳会談 7年ぶりの成果を弾みに

読売新聞・社説
日中首脳会談 安定した関係構築の第一歩に

Wall Street Journal
中国との冷戦に勝利する方法 (2018.10.26)

中国を訪問して行われた日中首脳会談。ネオコンの中心ブレーンのような立場のWall Street Journalに寄稿された思想と、産経の社説に似た印象を受ける。その他の日本の新聞は、新潮ながら関係改善を肯定している。どれだけ敵対していても、モメている方がいい国際関係はない。緊張はひとつの戦略。中国は意図して対立と友好を使いこなしている。日本にその冷静さがあるだろうか?

朝日新聞・社説
片山氏の責任 説明回避は許されぬ

EU離脱 英国は冷静な判断を

他紙が日中首脳会談でまとまるなか、1紙だけ政権批判に労力を費やした朝日。この風景は、いつもの産経の孤立に似ている。政権批判はやり方を間違えればカルトだ。正しいやり方とタイミングに配慮して欲しい。

毎日新聞・社説
北海道のブラックアウト 分散型電源へ構造転換を

昨日、3紙が取り上げたトピック。内容も酷似。コピペか?

日本経済新聞・社説
海外と競争できる取引所を

私は、東京の取引よりは海外の取引をもっと円滑にしてくれるプレーヤーに期待している。日本の証券会社は頼りにならず、外資の証券会社の参入はマイナス傾向。海外口座開設には法的にも障害が多い。ボラティリティが小さく、成長の見込めない日本のマーケットよりは、海外取引を増やしたいのが自然な発想だと思う。

Comments are closed.