ORIZUME - オリズメ

3532.報道比較2018.10.21

3532.報道比較2018.10.21 はコメントを受け付けていません。

昨日、読売が政府と九州電力にすり寄った社説を書いていたが、朝日は次の再生エネルギーのトピックとして風流発電で起きている問題を取り上げた。良い。これくらい前のめりで再生エネルギーを考えていえば、日本の再生エネルギーもどんどん進展するだろう。ブレーキになっている既得権をシンプルな正論で破壊していって欲しい。

朝日新聞・社説
風力発電 洋上活用に環境整備を

昨日、読売が政府と九州電力にすり寄った社説を書いていたが、朝日は次の再生エネルギーのトピックとして風流発電で起きている問題を取り上げた。良い。これくらい前のめりで再生エネルギーを考えていえば、日本の再生エネルギーもどんどん進展するだろう。ブレーキになっている既得権をシンプルな正論で破壊していって欲しい。

日本経済新聞・社説
やはり海賊版は放置できない

海賊版を根絶するための根本的な議論が進まない理由は、技術やビジネスを全員が最低レベルで理解していないことが原因だろう。日経さえ理解しているか疑わしい。関わっている人たちが全員、自分の立場だけで話をしているのではないか?政治が動いて騒ぎが広がるくらいなら、収益を上げている出版業界が率先して行動した方がずっと良かった気がする。

Wall Street Journal
アマゾンのベゾスCEO、脅しに屈せず (2018.10.18)

分断が世界中で進み、過激な言葉でリーダーの椅子を獲得する人たちが増える中、メディアは信じられない存在に脱落した。オピニオン・リーダーと呼ばれる人たちも、徐々に選別が進む。権力をハラスメントに使う人たち。言動がすぐブレる人たち。批判した主張と同じ行動を自らが起こして自滅する人たち。そんな中、ベゾス氏は多くは語らないが、正しい判断の価値を知っているバランスの良い人に見える。軽はずみに言葉を発することはない。おとなしくすべてに口を閉ざすわけでもない。バランス感覚と、意思決定のシンプルさは、学ぶに値する。世界に今、学ぶに値する人たちはどれくらいいるだろうか?

読売新聞・社説
アジア欧州会議 持続可能な成長へ連携深めよ

昨日のブレグジットにつづき、安倍氏が訪問中のヨーロッパの話題。取り上げるほどの成果はないヨーロッパ訪問になったようにしか見えない。中国を無視してアジアを語ることなどできないし、ヨーロッパが中国を無視するはずもない。読売や安倍氏の中国への固定観念が、状況を悪くしている気がする。
実際、中国が周到に行動した結果は、こうして実を結んでいるようだ。

「米国抜き」目指す中国、合同軍事演習でASEANに接近 by Wall Street Journal

アジアは決して中国を排除しようとなどしていない。おそらく、ヨーロッパも。

毎日新聞・社説
日中友好40年 新局面への政治対話 緊張を管理し共に繁栄を

当然なのかもしれないが、日本の視点からの話だけが語られているため、説得力が弱い。中国の心情を知りたい。国交がギクシャクしている原因が中国ばかりにあるはずがないのだから。

朝日新聞・社説
明治150年 議論重んじた先人たち

毎日の日中関係よりもさらにピントの甘い朝日の明治150年。開催される式典のPR?

読売新聞・社説
KYB免震不正 安全性への信頼が損なわれた

他紙が取り上げた話題。最後発に値する内容はない。

Comments are closed.