ORIZUME - オリズメ

133.Are you ready? Apple is ready.

0


Check mate.
アップルからの発表は、恐ろしいほど周到な手だった。

MacへApp Storeが展開されるのが、2010年とは…いま、テクノロジー・ワールドでもっともトップを走っている気がするのに、Appleは止まらない。
iOSに関わる情報を届けるORIZUMEとして、これからはMacもターゲットになる。今年6月、D8のカンファレンスで「PCはアメリカン・トラックのように一部の人たちのものになる。フリーウェイにトラックは少ない。PCはそうなる。」と言ったSteve Jobsに業界は背筋を凍らせた。iPhoneが浸透し、iPadが勢いを増した時、PCは作る側のごく一部の人間のものになる、と。業界が目指すクラウドにもっとも適合した種がiOSになった時、PCは絶滅危惧種になる。

その時「PC」には、Macが含まれていると思っていた。SteveはもうMacへの優先順位を下げるのだろう、と。 世界が予想していたのもMacがタッチパネルになる程度の想像力だった。
そこへの答えが、このCheck mateである。
MacはMac。PCではなかった。キーボードの付いた、300,000を超えるAppを使えるiOSとほぼ等しい、Mac OS Xが動くユニークなマシンに進化する。iOSと同じAppが動くことの価値は計り知れない。Windows  < iOS + Mac OS Xになった瞬間、ルールは変わる。今のiPhoneとiPadの出荷数は?iPadは、今年発売された新顔にも関わらず、すでに累計でMacの台数を超えている。もちろんiPhoneは、それをはるかに超える数を出荷しても、まだ間に合わない状況だ。

昨日、Game Nightsを総括した際に、Appleの歴史を振り返っていた。
あえて振り返らなかったが、当時の彼らはボロボロだった。
世の中は決算発表のSteveの発言とGoogleやRIMの反応を書き立てていた。
彼のポケットにだけ、今日の発表のシナリオが入っていた。

あの頃、今を想像できたか?という話題には興味がない。
Steve Jobsでさえ、そんな想像はしなかっただろう。
少なくとも、今が黄金期であることは事実だ。
まだはじまりに過ぎない気がするのは、私だけだろうか。
彼らは、新しいOSをLionと名付けた。すべてのKingになるつもりのようだ。


Thanks, Steve. It’s your favorite, isn’t it? Folksinger’s Choice – Bob Dylan

Comments are closed.