ORIZUME - オリズメ

3477.報道比較2018.8.28

3477.報道比較2018.8.28 はコメントを受け付けていません。

依存は崩壊のはじまり。技術に、影響力に、権力に。依存を断とう。

日本経済新聞・社説
がん見落とし問題を改革に生かせ

私は、日経の感覚は、本当の課題を見落としていると思う。がんを見落とす原因は何か?技術を理解せずに技術に依存した結果だ。どういうセンサーが、どういうプログラムで、どういう状態のものを異常と判断する。そのシンプルな仕様を、正しく理解して、適切に運用できている人はいるのだろうか?同じことは、世界各国で起きている。画像認識プログラムを入れ替えたり、センサーのメンテナンスをしたら、がんの判定が変わった。患者にしてみれば、突如、がんが直ったり、異常と判定されることになる。医師が、この課題を機械のせいにしているうちは、絶対にテクノロジーは人間に味方しない。
技術をまともに使えないないまま、治療が技術に依存しはじめている。ITがやれることと、ドクターがやれることが相乗効果を出す仕組みがないまま、日経のように組織に問題点を移すと、分析チームの負荷はさらに上がる。最新の学術を、実際の治療現場の声も聞かないまま、ITでの正解を求めなければならないのだから。やはり日本はITの使い方を間違っている。技術は使いこなすものだ。自らが判断できる助力になるものだ。依存し、仕事の流れを機械に委ねるようになったら、必ずミスが生まれ、伝播するだろう。
やがて、ここにAIと過去のデータの蓄積がはじまる。さらに技術を理解しなければ、過去の凡例から判断した結果が揺らぐことになる。恐ろしいとしか言えない。

Wall Street Journal

ジョン・マケインに敬礼 (2018.8.27)


トランプ氏の時代:変わる共和党と消えゆく批判勢力 (2018.8.28)

イーロン・マスク氏がテスラの非公開化を諦めた話題にも重厚なコンテンツがアップされたが、今日は、Wall Street Journalの社説に注目。
マケイン氏の死は、これから中間選挙を迎えるアメリカにとって、運命的であり、象徴的なタイミングになった。大統領にはなれなかったが、影響力を持った政治家として、長い間、信念を貫き、影響力を持ってきた。トランプ氏のスタイルが共和党を変えていく中、共和党でも強硬な信念を持つ人物がいなくなる。トランプ氏の手法が共和党の王道になることはないとは、誰もが知っていながら、目の前の選挙にトランプ氏の影響力を使わざるを得ない矛盾。影響力を利用するほど、不支持層がさらに遠ざかるジレンマ。分断が広がるアメリカで、もっとも大切になるのが信頼であり、信頼のためには揺れないアイデンティティが求められるだろう。まるでアイデンティティのない議員の選挙を経て、平然と状況で理念をねじ曲げる大統領と共に、アメリカはどうなるだろう?

 

朝日新聞・社説
大阪市長 学力調査を乱用するな

学力調査の乱用というより、権力の乱用だ。大人にエサをぶら下げて、こどもの尻を叩かせるとは、最低な発想だ。大阪市から転居するにはいい理由になる。

朝日新聞・社説
日本と北朝鮮 人道問題進展へ対話を

毎日新聞・社説
米国務長官の訪朝取りやめ 非核化の「漂流」止まらず

ようやく朝鮮半島事態に朝日が、まともで建設的な社説を書いた。国内紙ではじめてではないだろうか?朝鮮問題に熱心な産経からこういう話が出るなら、日本の外交も円滑に進むだろうが、今回の毎日に見るとおり、いつも感情だけで方向性を模索する日本のやり方は、まるで成果が出ない。朝日の今回のような話が、政治から聞ける日は来るだろうか?

読売新聞・社説
2040年の東京圏 都市の高齢化への対処を急げ

携帯電話料金 競争促し値下げの環境整備を

読売の話題は、どちらも政治依存型。先週までの前向きで鋭い視点は完全に消えた。政治依存の社説のひどさはすぐに判る。年の高齢化も、携帯電話の料金も、文句と問題を並べているだけ。対策を考えるのは政治…と丸投げして終わりになる。結果、政治はいつも遅々として進まず、行政に委ねれば、いつもの国策型の焼け太り予算が増えていく。民間で考えればいい。なぜ政府がすべて仕切るのか?なぜ有識者会議を政治が主導しないと事が進まないのか?政治に仕事をされせば汚れた答えが出るだけだ。

毎日新聞・社説
昭和天皇侍従の日記 歴史を問い返す大切さ

毎日の劣化が産経に似てきた。この話題を目にしたのは5日ほど前。特に先週、大きな話題があったわけでもない。実際、8.23は毎日が1週間以上前のトルコ危機を取り上げたことを嘆いている。話題が、数日放置されて、当たり障りのないコメントを付けて出すのが社説になっている。情報の鮮度がここまで落ちたら、取り上げた話題に失礼だ。

Comments are closed.