ORIZUME - オリズメ

3456.報道比較2018.8.7

3456.報道比較2018.8.7 はコメントを受け付けていません。

先行した産経、毎日から遅れること4日。朝日が遅れただけの価値ある考察を含めて、社説で学力テストの話題を展開。産経は反論するだろうか?

朝日新聞・社説
全国学力調査 子供の役に立ってこそ

8.3に先行した産経、毎日から遅れること4日。遅れただけの価値ある考察が含まれた社説になっている。学力テストの弊害は、産経が評価する競争。朝日は本質としてのこどもの学力向上への具体的な結論が、学力テストだけでは見えないと指摘した上で、他の事例も述べて方向性を提示している。判りやすく、考えやすい内容。非常に品質が高い。産経は反論するだろうか?競争が学力を向上させるという感覚は、中国型の教育方針だが、日本にもそういう社会を求めているのだろうか?私は少子化の日本には馴染まないと思う。

朝日新聞・社説
取り調べ録画 原点に立ち戻る運用を

毎日新聞・社説
法廷と取り調べ映像 「印象有罪」の制御が必要だ

松戸の事件では裁判員制度を論点に産経や読売が主張していた。高裁は今回、映像の証拠化が印象操作に利用されているとの重い指摘。朝日と毎日が同調している。産経、読売はどう主張するだろうか?
映像が感情を左右するせいで、判決に感情が混在するのを問題視した裁判官は非常に冷静で適切だ。ただでさえ、社会が感情的になり過ぎ、冷静さを失っている中で、法廷まで感情や印象の捜査で揺らぐのを警戒する姿勢は賛同する。報道は感情から論理にシフトできるだろうか?政治は?司法が社会に冷静さを求めている気がする。

読売新聞・社説
JR北海道再建 赤字体質から脱却できるのか

軽はずみに鉄道以外の事業多角化の提案をしているが、読売は本気だろうか?私はむしろJR北海道がやってはいけない戦略だと感じる。本業で失敗や不祥事をしている組織が多角化?財政支援を受けるのに?ちょっと考えられない提案だ。

毎日新聞・社説
陸上イージスの導入経費 青天井で膨れ上がる危険

この話題、産経や読売は賛成し、朝日と毎日は反対。いつもの構図だが、なぜ国会の会期中に突っ込まないのだろうか?政治が終わってからリリースを流すのに合わせていたら、いつも批判して終わりの予定調和に陥る。疑わしい時期に問題を追及しなければ報道としての仕事になっていない。先んじて欲しい。

読売新聞・社説
北の非核化遅延 身勝手な論法は見過ごせない

人民網日本語版
王毅外交部長がASEAN関連外相会議について説明 (2018.8.6)

ASEAN会議に関して、アメリカは公式には無反応。昨日、産経が感情的に主張するほどの北朝鮮への批判が繰り広げられたかは疑わしい。米朝首脳会談で決められた約束なのだから、議長やアメリカが非核化を促すのは当然で、北朝鮮が経済制裁を早く解除して欲しいのも当然。アメリカ軍が朝鮮半島からいなくなって欲しい中国としての北朝鮮同調も当然。特に身勝手と言われるほどでもない。ただの外交だ。それよりは、米中貿易戦争以降、極めておとなしく見える中国の静けさに警戒している。人民網は、数年前に戻ったかと思えるほどコンテンツの勢いが消えた。何が原因だろう?

Wall Street Journal
フェイスブック、銀行に秋波 新サービスへ顧客情報共有を打診 (2018.8.7)

ますます未来が見えなくなっているのか?Facebookの奇妙な行動がまた露呈した。会話さえ録音しているのでは?と気味悪がられる広告、政治思想や偏見も見過ごして収益を優先したコミュニティ、個人情報がいくらでも横流しできるようなシステムへの批判を受けながら、金融情報をシェアしたいと?受け入れるユーザーは株を持っているユーザーくらいではないか?なるべくアクセスしないことをお勧めする。

産経新聞・社説
バド大活躍 人格変われば運命変わる

社説で話題にするトピックだろうか?

産経新聞・社説
韓国船の領海侵入 竹島の返還要求忘れるな

こちらは産経が得意とする価値観の話題。個人的には、この手の話題も社説で取り上げる話ではないと思うが。近隣アジアに手厳しい産経の特異性が際立っている。外国人には見られたくない恥部だ。

日本経済新聞・社説
豪雨禍を検証し減災につなげたい

論点を整理して欲しい。あらゆる話題を混同させて話が見えない。品質が悪い。

Comments are closed.