ORIZUME - オリズメ

3453.報道比較2018.8.4

3453.報道比較2018.8.4 はコメントを受け付けていません。

災害をテーマにした社説で、朝日と産経が興味深い情報を提供してくれた。良い変化が見える。

朝日新聞・社説
豪雨と廃棄物 震災の経験を生かそう

今回の豪雨後の社説で、もっとも有益だと感じた社説。単純な陳情のような無益な主張から脱却して、廃棄物の処理を論理的に、過去の情報も交えて教えてくれている。朝日の努力に感謝する。
きっと現地で、はかどらない廃棄物処理で荒れる気持ちもあるだろう。そこに、有益な情報は冷静さを回復してくれる。全体としての最適解を意識する感覚を思い出させてくれる。それにしても、廃棄物処理が年という単位になる事、南海トラフ地震の想定を超えるとは、驚きだ。どちらかというと、今回の災害の規模の大きさより、自治体の想定レベルがあまりにレベルが低く、すぐに許容範囲をオーバーするほどキャパシティが足りないという印象だ。災害対策に潤沢な予算がないのは判るが、これでは規模の大きな災害に対応できる自治体は皆無ではないだろうか?今回の災害で、また日本の能力の低さと、努力できる領域を発見した。朝日の言うとおりの地道な努力を、本当につづけられればいいのだが。

産経新聞・社説
田んぼダム 豪雨被害を減らす知恵だ

産経の情報も興味深い。私は初めて聞いた。一定の効果が示されたのが事実なら、ぜひ推進してほしいが、行政を巻き込む必要はないと思う。遅くなるだけだ。

毎日新聞・社説
東医大が入試で女性差別 全医学部の調査が必要だ

読売新聞・社説
東医入試疑惑 受験生への説明責任を果たせ

昨日、朝日が先行した東京医大の女性差別的な不正の話題。読売の社説が昨日の朝日と合わせても、もっとも論理的で気になる点を網羅した内容になっている。東京医大の発想では、大学は病院に就職するための研修場になっている。その発想に立つなら、大学閉鎖は選択肢として考えてもいいほどの不祥事だろう。このままでは病院にまで追求がはじまる。そして、きっと同じ環境なら、似たような事例が蔓延っている。文科省が急ぐべきは、他の大学の状況把握だ。これでは女性活躍社会を叫ぶ意味などない。

日本経済新聞・社説
車の電動化戦略で官は民の補完役に

日経が「ミソ」と指摘している点を、日経はどう捉えているのか?私には汚点にしか聞こえない。2030年を目標にしたヨーロッパで「遅い」と政府に非難が出ているヨーロッパに比べ、明らかに遅く、過保護な方針しか出せない日本。目標なのだから、高く設定して後で下げることもできるのに、最初から達成できることを前提にハードルを下げる情けなさ。日本政府に合わせていたら、日本の産業は絶対に世界で戦えなくなる。自動車業界が、こんな過保護な目標を笑って無視することを期待したい。

Wall Street Journal
テスラ空売り筋、巨額損失でも揺るがぬ信念 (2018.8.4)

海の向こうでは、電気自動車は30年も先の話ではない。現実から成長の源泉になりつつある投機対象だ。日本のセンスのなさを身にしみる。

朝日新聞・社説
LGBT 自民の本気度を疑う

毎日新聞・社説
自民党が杉田議員を「指導」 形だけ取り繕う空々しさ

自民党と議員の資質は論外なのだが、新聞の批判も素直に受け止められないのは私だけだろうか?目的が自民党批判、安倍政権批判になっていないか?明らかに批判しやすい状況だからこそ、決定的に叩きのめすだけの整合性か、批判を越える良識が求められる。ヒステリックな批判は何も生まないだけでなく、成果さえ得られないのは半年の国会で身にしみているはずなのだが、朝日と毎日はやり方を変える気配がない。不器用を通り越して無力だ。

読売新聞・社説
夏の甲子園 夢の舞台であり続けるために

朝日が支援してる関係で、他紙が話題にしたがらないはずの高校野球。読売が取り上げたのは100回目の節目だからだろう。個人的には、高校野球が精神論を維持する限り、やがて高校野球は批判の対象になってしまうと思う。もっと多くの世界で通用する人材を輩出できる可能性のある分野で、才能を潰していると思うと残念でならない。これからも少子化は規模縮小を突き付けるだろう。早めの変化を期待している。

産経新聞・社説
南シナ海問題 中国の専横を押さえ込め

南シナ海の話題は、近隣アジアに厳しい産経さえ久しぶり。アメリカは適宜、牽制していて、むしろWall Street Journalの方が南シナ海に強硬な姿勢が目立った。北朝鮮には厳しい日本メディアが、南シナ海には気が回らなくなっていたのだろうか?メディアはまだしも、政府は?関係改善のための配慮があってなら構わないが、日米連携との整合性が気になる。安全保障になるととたんに機密めいた表現で真相を隠すが、本当の戦略は?事態は進展しているのだろうか?

日本経済新聞・社説
難題多いパキスタン次期政権

パキスタン?日経がしばしば選ぶニッチな国の話題、しかも経済ではなく政治に焦点が当たる理由がわからない。カンボジアと同じ文脈を意識しての注視だろうか?

Comments are closed.