ORIZUME - オリズメ

3449.報道比較2018.7.31

3449.報道比較2018.7.31 はコメントを受け付けていません。

産経以外の4紙の国内紙が取り上げたカンボジアの選挙。中国の影響を受けながら、アジアに中国によく似た形だけの一党独裁型民主主義が現実になってきた。

朝日新聞・社説
カンボジア 容認できぬ異常な選挙

日本経済新聞・社説
逆流したカンボジア民主化

毎日新聞・社説
与党圧勝のカンボジア選挙 「中国式モデル」の広がり

読売新聞・社説
カンボジア与党 強権がもたらした総選挙圧勝

産経以外の4紙の国内紙が取り上げたカンボジアの選挙。中国の影響を受けながら、アジアに中国によく似た形だけの一党独裁型民主主義が現実になってきた。ロシアやトルコで起きているようなカリスマ型の君主が君臨する独裁ではない。世襲まで見越した旺盛のような抑圧を強いる独裁。その裏に中国が糸を引いている不愉快さ。東南アジアで今後増えそうな体制だ。カンボジアでうまくいけば、中国はさらに他国に手を広げるだろう。アメリカが、アジアでの中国の不穏な台頭を懸念して貿易戦争をしているなら共感するのだが、今のところ、トランプ政権のエゴしか見えない。アメリカが東南アジアに危機感を持つ可能性は低い。いま、日本が中国を敵に回してでも東南アジアを支援するだけの体力を持っているだろうか?残念ながらノーだ。

Wall Street Journal
中国が負けるトランプ貿易戦争 (2018.7.30)

このところ、人民網はまるで元気がない。連日、退屈な記事ばかりになり、繰り広げられる論破型の自己弁護はすっかり見なくなった。同時に、コンテンツの魅力は著しく低下した。この報道比較で取り上げる回数が減った状況でも明らかだ。その意味は、Wall Street Journalの寄稿が教えてくれた。中国は、噂が示していた貿易戦争での敗北を、いよいよ公式に認める状況なりつつあるのを悟ったようだ。トランプ氏の減税と本国投資法が、この貿易戦争への軍資金集めの準備だったとは考えにくいが、現実として、アメリカはいま、貿易戦争でもビクともしない世界経済の単発エンジンを演じている。世界経済の牽引役だったはずの中国は、国外でも国内でも停滞ばかりが目立つ。政治は安定しているのだろうが、統計で出てくる数字に見合う景況感はどこにもない。貿易戦争の終結案をアメリカに委ねるなら、日本以上に脆弱なリーダーシップと戦略思考しか持っていないことを中国は露呈する。それは貿易戦争への敗北以上の失点になるだろう。

産経新聞・社説
iPS治験 再生医療の総合力向上を

産経が中国批判の格好の材料になりそうなカンボジアの選挙の話題よりもiPS細胞の試験を選んだことに驚いた。うれしい驚きだ。ぜひこの方向性で進んで欲しい。いま、唯一と思えるほど日本が牽引役になっているように見えるのが、このiPS医療。山中氏が日本にこだわっているとは思わないが、日本は国内での成長に必死に環境を提供しているように見える。様々な場所で寄付を募り、必死に資金を集めようと尽力する姿勢さえ隠さず、同時に研究をニュートラルな姿勢で進める山中氏のやり方には、共感を覚える。少しで良い研究環境を継続して日本が提供できることを願っているが、日本が国内での意図的な束縛を模索するなら、こういう人物は世界に羽ばたいて欲しい。

日本経済新聞・社説
介護人材の養成・確保に手立てを尽くせ

読売新聞・社説
サイバー新戦略 官民連携で東京五輪に備えよ

日経と読売の安直な官民連携を期待する主張。マジックワードのように官民連携を唱え、その種明かしをいつもITに求めるようだが、ITで人材の代わりを担えるシステムをプロデュースできる能力が、日本には決定的に不足しているのを知らないのだろうか?そして、今までどれだけ官民連携が失敗してきたのかを忘れたのだろうか?連携で責任から逃げ合い、有識者という意味不明な人材を集めた会議ばかりが開かれて前進しないのが今の構図だ。介護人材もサイバー攻撃も、その分やのプロフェッショナルや成功企業がいないのなら、官がやればさらに失敗は繰り返されるだけだ。安直な問題解決策を提案しないで欲しい。

産経新聞・社説
財務次官人事 「危機」はもうおしまいか

毎日新聞・社説
諫早開門命令の否定判決 事態の打開にはならない

公務員の仕事とは、こういうものだ。頭の使い方を、労力の使途を間違っている。新聞は、それを知っているなら、結果が出た時ではなく、出る前に騒いで欲しい。そうすれば、彼らをもっと追い込めるのだから。

朝日新聞・社説
猛暑再び 「災害級」に備えるため

日本国内の猛暑への対策は、この程度の知見しかないようだ。世間話のような内容の社説を書くなら、研究者や海外の事例を紹介して欲しい。無益だ。

Comments are closed.