ORIZUME - オリズメ

3286.報道比較2018.3.2

3286.報道比較2018.3.2 はコメントを受け付けていません

使い物にならないデータで結論を急がれても失敗は確実だ。労働生産性が法案ひとつで変わることはない。もし法だけで変わるとしたら、それはまた労働者に無理を強いる環境が整うだけに過ぎない。

[amazonjs asin=”4002709809″ locale=”JP” title=”裁量労働制はなぜ危険か――「働き方改革」の闇 (岩波ブックレット)”]

朝日新聞・社説
働き方改革 「高プロ」制度も削除を

産経新聞・社説
「裁量制」切り離し 必要性示す議論立て直せ

日本経済新聞・社説
裁量労働拡大をいつまで先送りするのか

毎日新聞・社説
裁量労働拡大を今国会断念 元々「一括」が無理だった

読売新聞・社説
裁量労働制断念 冷静に審議できる環境整えよ

日経だけが失望しているが、私は他の4紙に賛成だ。使い物にならないデータで結論を急がれても失敗は確実だ。労働生産性が法案ひとつで変わることはない。もし法だけで変わるとしたら、それはまた労働者に無理を強いる環境が整うだけに過ぎない。日経は考えが浅い。
安倍政権にとって、仕事の粗さ、甘さが完全な失敗を招いた事例だ。数だけ揃えば仕事が整うはずもない。この後、出直すチャンスさえ失うのだが。

[amazonjs asin=”4799320238″ locale=”JP” title=”失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織”]

Wall Street Journal
トランプ氏、来週アルミ・鉄鋼の新関税承認へ (2018.3.2)

中国との貿易戦争が、北朝鮮リスクを抱えながらはじまった。混乱させて、総合的に勝利すればいいと考えるトランプ氏らしい。歓迎できることはひとつもない。

[amazonjs asin=”4885554837″ locale=”JP” title=”トランプ・リスク――米国第一主義と地球温暖化”]

人民網日本語版
中国経済構造に重大変革 存在感増すサービス業・消費 (2018.3.1)

体感的にも、中国の産業構造は数年で著しく進化した。先進国がどこも中国を手本にするような動きに変わりはじめている。サービスが数字ほど進化しているかは現地を見なければ判らないが、高付加価値でも経済が成長しているのなら、豊かさは高まり、利便性向上を社会全体が推進しているようだ。日本より数歩も先を行きはじめた。これからは日本が中国に学ぶ時代だ。

[amazonjs asin=”4532357519″ locale=”JP” title=”中国 新たな経済大革命 「改革」の終わり、「成長」への転換”]

Comments are closed.