ORIZUME - オリズメ

3132.報道比較2017.9.29

3132.報道比較2017.9.29 はコメントを受け付けていません。

私は、安倍氏と小池氏の結託がないかだけを気にする。ふたりはちゃんと対決するのか?国会が始まったら、憲法やら安保で平然と手を組み、首都東京の意思決定まで呑み込む。その悪夢さえなければ、結果はどうでもいい。安倍氏も、小池氏も、実力がある政治家とは思えない。日本の未来を変えることなどできないだろうし、行き詰まったらまた選挙を繰り返す、お騒がせな方々だ。国内の課題を解決できる能力もない。政治が何かしてくれることなど、なにもない。

朝日新聞・社説
衆院選 解散、与野党論戦へ 「権力ゲーム」でいいのか

産経新聞・社説
衆院解散 現実的な「選択肢」示せ 大衆迎合で危機は乗り切れぬ

日本経済新聞・社説
野党は「希望の党」結集で何を目指すのか

毎日新聞・社説
日本の岐路 衆院解散・総選挙へ 「安倍1強」の是非を問う

読売新聞・社説
衆院解散 安倍政権の継続が最大争点に

私は、昨日書いた気味の悪い安倍氏と小池氏の結託がないかだけを気にする。メディアにも、その点だけを注視して欲しい。ふたりはちゃんと対決するのか。意見を異にして選択肢として2つ提示してくれるのか。国会が始まったら、憲法やら安保で平然と手を組み、首都東京の意思決定まで呑み込む。その悪夢さえなければ、結果は「どうでもいい」に近い。安倍氏も、小池氏も、実力がある政治家とは思えない。日本の未来を変えることなどできないだろうし、行き詰まったらまた選挙を繰り返す、お騒がせな方々だ。海外が彼らを本気で相手にすることもないだろうし、国内の課題を解決できる能力もない。ぼんやりしたキャッチフレーズで事が動くことなど、世界のどこにもない。彼らが言う決断とは、思慮したように選んで「あとはよろしく」と逃げることだ。本当の決断は、未来を定めて、その方向に歩けるように引っ張っていくことだ。
もう、国民も目が覚めただろう。政治が何かしてくれることなど、ない。彼らが何かを言っても、大したことは変わらない。だから、生活は自ら考え、守る。あとは安全保障や憲法で、彼らが暴走しようとしないように、足と手を縛ることだ。今回、選ぶべきは期待ではない。鎖だ。

人民網日本語版
社会・人・文化交流が推進する中米関係 (2017.9.28)

政治が動かなくても、経済が対立していても、メディアが騒いでも、関係ない。求める人たちは自分たちの価値観で、相手を選び、信じ、事を進める。私たちに、その意志があるだろうか?アメリカも中国も、当然のように自らの意志で行動している。なぜ、目の前の価値観を、メディアや政治の価値観で決めなければならないのか?いま一度、再考すべき時だ。

Comments are closed.