ORIZUME - オリズメ

3126.報道比較2017.9.23

3126.報道比較2017.9.23 はコメントを受け付けていません。

北朝鮮一色の社説。社会が感じている危機感とはズレがある。やがて、後悔するほどの衝突を世界は目にする気がする。悲観の理由は、いまの施政者たちすべてが平和の価値を軽視しているからだ。健康な時に、健康の価値を忘れるように、世界は平和の価値を忘れている。

朝日新聞・社説
対北朝鮮政策 圧力は手段にすぎない

産経新聞・社説
「洋上で水爆実験」 圧力貫徹し恫喝を封じよ

日本経済新聞・社説
北朝鮮の封じ込めへ日米韓は全力尽くせ

毎日新聞・社説
日米韓の対北朝鮮政策 中露との連携を深めねば

読売新聞・社説
日米韓首脳会談 対「北」人道支援は見合わせよ

Wall Street Journal
トランプ氏が吠えた国連演説 (2017.9.22)

人民網日本語版
果敢に責任を担う中国の度量 (2017.9.22)

北朝鮮一色の社説。社会が感じている危機感とはズレがある。社会は、まだリスクをさほど意識していない。それを危機感が足りないと批判するのは簡単だが、アメリカはまだ韓国にも日本にも帰国勧告を出していない。そのたったひとつのアクションが世界を緊張させる本当の瞬間だろう。Wall Street Journalの悠長な社説は、まだ余裕だらけだ。日本は衆議院を解散するつもりだ。まだ正論を追う時間はある。
日本が橋渡しする外交をするチャンスはあっただろうが、安倍氏には期待するだけ無駄だ。アメリカの言いなりをつづける発想しかない。
やがて、後悔するほどの衝突を世界は目にする気がする。悲観の理由は、いまの施政者たちすべてが平和の価値を軽視しているからだ。健康な時に、健康の価値を忘れるように、世界は平和の価値を忘れている。特に、リーダーと呼ばれる選挙で選ばれた人たちに顕著なのが残念でならない。

Comments are closed.