ORIZUME - オリズメ

3109.報道比較2017.9.6

3109.報道比較2017.9.6 はコメントを受け付けていません。

日本に核兵器を管理、制御できる能力は100%ない。原発さえうまく制御できず、領空をミサイルが通過しても想定外と防衛大臣が言う国が、核など…持ってはいけない。それを知りながら、アメリカが日本に核武装を打診するなら、アメリカの情報収集能力にも、いよいよ疑問符がつく。

Wall Street Journal
トランプ氏は日本の核武装を望むのか (2017.9.5)

愚痴を言うなら、ここまで放置した過去の政策がひどかった。トランプ氏も同じ気持ちだろうが、トランプ氏が他人を批判できるほどうまくやれているわけでもない。アメリカだけではない。中国も、韓国も、日本もしくじった。世界中が北朝鮮を放置し、暴走を許した。それで日本も核武装?アメリカはどこまでもご都合主義、行き当たりばったりだ。日本に核兵器を管理、制御できる能力は100%ない。原発さえうまく制御できず、領空をミサイルが通過しても想定外と防衛大臣が言う国が、核など…持ってはいけない。核アレルギーや感情論ではなく、圧倒的にこどもで、残念なほど無責任な国なのだ。日本は。まだ防衛も、安全保障も判っていない。矛盾だらけで、解釈で憲法も軍隊も動かす国なのだから。それを知りながら、アメリカが日本に核武装を打診するなら、アメリカの情報収集能力にも、いよいよ疑問符がつく。急速にアメリカが劣化している。

毎日新聞・社説
膨らむ防衛予算要求 脅威に備えつつ効率化を

北朝鮮を理由にカネ使いが粗くなっている。アメリカの防衛産業は、不謹慎だがビジネスとしては笑いが止まらないはずだ。トランプ政権も同様の感覚はあるはずだ。同盟に依存して、危機も、対策も、日本はコントロールできていない。領空をミサイルが通過して想定外と言いながら、日本全土を守ると今さら言う始末。そのために何をしなければならないかを自らで考えて答えを出しているようには見えない。こういう組織は脆い。アメリカにしてみれば、おいしい。憲法を語る前に、本質が欠落している。

産経新聞・社説
日露首脳会談 北朝鮮への石油禁輸迫れ

読売新聞・社説
対「北」追加制裁 原油供給を制限すべき時だ

安倍氏は何をしにロシアに行くのだろう?この奇妙なタイミングで。予定されていたのなら、断ってもいいくらいロシアは北朝鮮側に近づいている。もし北朝鮮問題を語るなら、先に対話すべきは明らかに中国。何をしたいのか、本当に判らない。石油禁輸?こんな足並みでできるわけがない。オイルはロシアにとって商品だ。「日本が高く買ってくれるのか?」と言われたら、平気で了承しそうで恐い。産経や読売の発想は現実から乖離している。

日本経済新聞・社説
金融庁の組織改革が迫る銀行の自立

日経を含め。金融と言えば、銀行が中核になっている日本の発想自体が古い。世界の銀行は業務に投資が多くなり過ぎて規制がかかるほど、融資以外の金融が発展している。なぜなら、金融の中心がマーケットだからだ。銀行もマーケットとともに歩むプレーヤーになっている。規制が多い代わりに過保護な既得権が維持されている日本の金融に未来は感じられない。金融庁が変われば日本の金融も変わる?私にはそうは思えない。

朝日新聞・社説
前原民進党 失敗猛省し、出直しを

民進党に時間を割いている場合ではないというのが、率直な感想だ。今の民進党なら、人材への期待は皆無だろう。政策が出てくるまで放置でいい。他に考えたい話題はいくらでもある。朝日は政治に固執し過ぎている。

人民網日本語版
BRICSの第2の「黄金の10年」を照らす中国の知恵 (2017.9.4)

中国とロシアがいながら、BRICS会議で北朝鮮の話題はなし。BRICSとしては地政学リスクは枠外の課題かもしれないが、次の時代を担うつもりなら、課題を見過ごす姿勢には失望する。まとまりのない国連に比べて、対話の仲介をしてもいいと言い出したスイスには、誠実な中立国としてのプライドが見える。どう振る舞うかで、世界にはいくらでも存在価値がある。カネを稼いだり、徒党を組むだけが世界のリーダーシップではない。

Comments are closed.