ORIZUME - オリズメ

3092.報道比較2017.8.20

3092.報道比較2017.8.20 はコメントを受け付けていません。

慌てさせてカネをむしり取るアメリカと、勝手な自己主張を強いながら既成事実を積み上げて時を待つ中国。アメリカと中国が嗤っているのを、日本と韓国は未だに気づかないのだろうか?

朝日新聞・社説
自動車の未来 試される変革への対応

日経が書いたらトレンドは終わり、一般紙が書いたら賞味期限の終わり。それは情報が一般化し、社会に浸透したことを意味する。朝日が社説に書いた自動車の未来は、半年ほど前に日経が描いていた未来で、自動車業界が数年前に仕方なく認めた未来、その数年前にテスラやイノベータがホラ話を笑われながらも主張していた未来だ。私は未だにアップルやグーグルがプロダクトとしての自動車を発売できるとは思わないが、いまの自動車業界で次の時代にもモビリティの中心にいられる企業は半分くらいだろうか?とも思える。ブランドという魔法をかければ、過度な装飾にいくらでも高いプライスを付けられた時代は、完全に終わりに向かっている。
国家規模の競争で見ると、テクノロジーの優位性は見えない。ITの心臓部はアメリカが握りそうだが、電池は中国が急速にレベルを高めている。ドイツと日本は、少し計算が狂った。ディーゼルの賞味期限を業界自らが不誠実さで短命化し、動力機関と既存技術の継承を願っての燃料電池とハイブリッドの未来はガラパゴスに近づきつつある。今のところ、時代はもっともシンプルで競争の激しいEVを選びつつある。
このムーブメントを、私は大きなチャンスと見て、必ずどこかでビジネスをつくりたいと思っている。商用物流も変わるだろう。物流という概念さえ、根底から変わる。クルマは確実にシェアに向かう。すべてが自動化できるとは思えない初期段階、人が物流を担う領域の雇用は極めて流動的で短期になるだろう。ひとつの荷物を、いくつもの企業や人がつなぐ可能性。サプライチェーンの一角に、物流がさらに深く組み込まれる。自家用車もシェアは重要なキーになる。クルマを所有して利用料を得る仕組みもでき上がるだろう。このインフラ、世界中のプレーヤーのアタマの中には描かれているが、まだ影も形もない。パラシュートをつけて、飛び込め。競争ははじまっている。

毎日新聞・社説
関西3空港の一体運営 需要掘り起こしに工夫を

経済の論理から考えれば、もっとも経済価値が向上するには競争する環境を与えるのがもっとも合理的だ。だが、3つの空港は競争ではなく非効率な低品質化を招いていた。これが日本の行政の無能さを示すもっとも顕著な事例だ。行政なら、共有領域を定めて適度に競争を促すことも可能だったはずだ。だが、結末は民間の参入による統合。いまの行政には経済環境を適切に整える能力がないようだ。日本経済がずっと活性化しない理由のひとつではないだろうか。

日本経済新聞・社説
大学をどう変える(上)「公共財」としての価値を高めよ

以前、指摘したとおり、高等教育の無償化はこどもや教育費援助ではない。高校や大学の経営補助だ。ゾンビ企業をつくったと思ったら、次はゾンビ学校をつくるつもりらしい。無償で行っても意味のない場所を温存したら、何年もの無駄な時間を若年層がロスするに過ぎない事態に陥る。さっさとやめさせた方がいい。

産経新聞・社説
米通商法301条 「恫喝」では理解得られぬ

読売新聞・社説
文氏「徴用工」 変節で日韓関係を壊すのか

Wall Street Journal
バノン氏解任後のトランプ政権 (2017.8.19)

人民網日本語版
米日は釣魚島・南中国海問題での誤った言説をやめよ

先週から週末に盛り上がった地政学リスクは、どれもすぐに収まる兆しがない。各国内には分裂の溝が多くあり、国外への論調は自己中心的で一方的だ。この緊張をうまく渡り切るのがアメリカや中国の戦略だろうが、日本や韓国にはまるで計画性はない。流動的なリスクに慌て、付け焼き刃な判断をし、信頼や財産を失う。慌てさせてカネをむしり取るアメリカと、勝手な自己主張を強いながら既成事実を積み上げて時を待つ中国。アメリカと中国が嗤っているのを、日本と韓国は未だに気づかないのだろうか?

Comments are closed.