ORIZUME - オリズメ

2983.報道比較2017.5.8

2983.報道比較2017.5.8 はコメントを受け付けていません。

国内紙休刊日。フランスの選挙に波乱はなく、春の楽観がつづく。過度の悲観はいらなかったが、問題は何ひとつ解決さてもいない。

Wall Street Journal
マクロン氏の計算された立身、仏大統領も目前 (2017.5.3)

フランスのリーダー選びが終わった。世界がフランスの選挙に注目していたのは、フランス国内よりはユーロとEUの命運を心配していたからだ。結果は、トランプ氏が選ばれた時のような先鋭的な結末にはならなかった。世界には楽観が復活しつつある。
今年の暮れ、ドイツで選挙が行われる。ヨーロッパの悲観的な空気は薄まったが、状況を良くするトピックがあったわけではない。過度の悲観はいらなかったが、問題は何ひとつ解決さてもいない。息を抜くタイミングではない。

人民網日本語版
投資分野で中国の日本追い越しペースが加速 社科院 (2017.5.6)

中国がまだ日本を競争の対象にしてくれていることがうれしい。追い抜かれた後もペースの衰えが見えない中国に、日本が追いつくことは、今のままでは難しいだろう。日本は何かを変えなければならない。そう言いながら30年。何も変えなかったのだろう。中国は、必死に働いてきた。その姿から学ぼうともせず、嗤っていた国が置いていかれるのは当然だ。日本は反省が足りない。中国が学ぶ姿勢を維持しつづけるなら、中国はまだまだ成長するだろう。

Comments are closed.