ORIZUME - オリズメ

2939.報道比較2017.3.31

2939.報道比較2017.3.31 はコメントを受け付けていません。
Study

CC Attribution, Photo by Moyan Brenn via flickr

トランプ氏のノイズが下がっている。最初に間抜けに脅しに応じた日本が、また一番の貧乏くじにならないことを願うばかりだ。

Wall Street Journal
トランプ氏、保守強硬派に警告 下院共和党の結束巡り (2017.3.31)

トランプ氏は学んでいないのだろうか?政治で脅しは効かない。

トランプ氏が得た教訓―政治とビジネスは違う by Wall Street Journal

選ばれた人たちは、損得や利害だけで結論は出せない。それは国内だけでなく、外交でも同様だろう。最初に間抜けに脅しに応じた日本が、また一番の貧乏くじにならないことを願うばかりだ。

朝日新聞・社説
敵基地攻撃力 専守防衛が空洞化する

以前から、北朝鮮のリスクを隠れ蓑に政府がなし崩しで一線を越えようとしている。憲法解釈で先制攻撃は容認はさすがに不可能だ。原発を動かすのとも、天皇陛下の退位ともレベルの違う話だ。秘密法で隠すことも、集団的自衛権でもない。何をしっかり受け止めたのだろう?森友学園をストップしてでも聞くべき話だ。
北朝鮮のリスクを説明できるなら、明確に説明して憲法を変える。なぜそういう手続きをまともに行わないのだろう?

読売新聞・社説
核兵器禁止条約 現実無視の交渉は参加し難い

政府も読売もレベルが低い。被曝経験と核の傘の安全保障を得ている日本を矛盾と言わずに、核保有国と非保有国の両方の感情を理解する立場から、コーディネートとリーダーシップを発揮できる唯一の国。それが日本だ。なぜ是非を問うのか?共存とともに非核化に何をすべきか。だから北朝鮮をどう位置付けるのか。国家安全保障は答えを持っていなければならない。顔色を伺うのが外交ではない。是非を論じるから紛糾して道が途絶える。第三の道をなぜ提示できないのだろう?日本にしかできない仕事だというのに。

産経新聞・社説
米の環境規制解除 日本は我が身を振り返れ

地球温暖化を言い訳にすれば原発再稼働を推進できるとでも?安倍氏がそう思っているようには見えない。火力に頼るのは無意味だが、対案が原発以外にもあるのは明らかだ。東芝も放り出す原発。推進派と政府はどうするつもりだろう?

毎日新聞・社説
高校生ら犠牲の雪崩事故 「絶対安全」はあり得ない

なぜにこうも社会の感覚からずれるのだろう?不手際以上の過信に、かなりの違和感を社会は感じている。事故の究明は警察に委ねて、考えたいのは過信の原因だ。同じことが、他にどれだけあるだろう?見つけ出す方法は?改善策は?ひとつの事故に注目する以上の不安を感じる。きっとこれは氷山の一角だろう、と。

日本経済新聞・社説
英とEUは離脱交渉で前向きな着地探れ

また24時間を無意味に使ったパターンの社説。ネットで他紙の社説はいくらでも見れるというのに、確認している気配はゼロ。これで差別化や独自性の重要さを語られても、何の説得力もない。

人民網日本語版
日本は「台湾カード」を切ろうなどと考えるな (2017.3.29)

昨日の発言は撤回する。申し訳ない。中国の主張が正しいなら。
中国が明確に日中の国交正常化共同声明に、記述にあるような取り決めをしているというなら、日本政府の行動は明らかに約束違反。官房長官が「問題ない」というのは約束違反の回答としてはおかしい。
尖閣諸島の件は、両者の意見がまるで噛み合わないし、根拠とする記録も両国とも異なる。日中国交正常化の議題でも、その後の日中関係の対話でも、明らかに避けてきた話題だ。今回の中国の主張は、条約の声明文が確実にあるだろう。
だが…日本の外務省が公開している共同声明には、相手を尊重せよとは書いてあるが、非政府間の関係を取るとはない。

日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明 by (日本)外務省

台湾が中華人民共和国に属するとは書いてあるから、政府が人を出す時は事前に言え、という主張なら、連絡を取らずに政府の人物を台湾に派遣したのは礼儀知らずだとの批判は判る。それ以上のTHAADの話、尖閣の話は…感情が高ぶっただけと受け止めるのは失礼だろうか?
まさか、共同声明文も日本と中国で内容が違う…?

Comments are closed.