ORIZUME - オリズメ

2543.報道比較2016.3.11

2543.報道比較2016.3.11 はコメントを受け付けていません。

昨日の大津地裁の判決で見えた日本の分裂。この分裂のまま、復興に取り組んでも時間ばかりが過ぎていく。言いにくいことが増え、気遣いに疲れる。雰囲気の悪い復興にしてしまったことが悔やまれる。

朝日新聞・社説
震災から5年 心は一つ、じゃない世界で

産経新聞・社説
3.11 被災地の自立導く支援を 課題克服を社会の手本に

日本経済新聞・社説
原発事故に向き合う姿を世界に

毎日新聞・社説
大震災から5年 福島の現実 向き合い、そして前へ

読売新聞・社説
復興総仕上げへ 再生への歩みを確かなものに

昨日、日本国内の分裂を大津地裁の判決から認識した。産経と読売、朝日と毎日と、大ざっぱに思想は2つに分かれやすかったが、両者の断絶が顕著だ。いつも中立の日経は、震災に関しては朝日・毎日に近い。産経・読売の国家主義、自立促進の発想には、かなりの違和感がある。まだ総仕上げと言うには、置き去りにされたものが多く、国がやると言って5年経っても進まないなら、そのやり方さえ間違っていると疑う時期に来ている。5年を思えば、リーダーシップがない中で混乱、その後もバラバラ、いつしかなし崩し、さらに分裂…結束は見えない。昨日の判決も、原発への意識も、何もかもが分裂してしまった。原発事故に巻き込まれた人も不幸だし、関係ないのに被災した人たちは、原発を思って言葉を伏せる人もいる。とにかくタブーが増え、言いにくいことが増え、気遣いに疲れる。雰囲気の悪い復興にしてしまったことが悔やまれる。どこからやり直したらいいだろうか?

人民網日本語版
南中国海をかき乱す企てが思い通りになることはない (2016.3.10)

南シナ海の問題に、中国はひきつづき紙面を割いている。堂々と国際法廷に出る意志はなさそうだが、反日感情を利用するのと同様、アメリカへの反発の意識を利用しているようだ。日本へ主張する必要性は、今は感じられない。対中投資が退くほど苦しくなる時期に、アメリカへの反発を煽るのは得策とは思えない。ということは、中国国内に、それだけアメリカへの反発心があるのだろうか?
アメリカは北朝鮮から南シナ海までのエリアの紛争では、真正面から中国と争うつもりだ。受けて立つ自信はないが、戦えると国内には言いたい。そんな心情が見える。苦しい分だけ、声が大きくなっているようだ。

Wall Street Journal
FRB利上げ、6月まで先送りの予想増加=WSJ調査 (2016.3.11)

FRBを見て、また新興国市場がリスクを取りはじめている。この過剰さがイエレン氏がもっとも気に入らない動きだろう。ヨーロッパは昨日、緩和の限界を露呈した。年明けの恐怖指数が上がっている頃、イエレン氏の救いは、ドラギ氏の「躊躇なく、際限なくやる」との強気さだったのだが…安定をつくるための中央銀行が、サプライズを狙う奇妙な状況も、いよいよ末期症状だ。

Comments are closed.