ORIZUME - オリズメ

2451.報道比較2015.12.13

2451.報道比較2015.12.13 はコメントを受け付けていません

ダイナミズムの強さを思い知らされるこの頃。ゆっくりでもいい、変わりつづけたい。

[amazonjs asin=”416390252X” locale=”JP” title=”変わらないために変わり続ける マンハッタンで見つけた科学と芸術”]

Wall Street Journal
米、原油輸出を解禁の公算―暫定予算16日まで延長 (2015.12.12)

この国は、本当にダイナミックだ。目的を持って動き、進歩が見えれば過去の価値観など捨てて次へシフトする。先が見えないやり方には固執しない。時期が来たら、ムリだと判ったら考え方から変える。そのための挑戦にはいつも寛容。だからイノベーションが起きる。40年前、いや10年前でさえ、アメリカが世界一の産油国になって輸出をはじめると想像できただろう。売れると思ったら、もったいないなどとは思わない。さっさと売る。ただし、備蓄を徹底的に増やし、新エネルギーの開発に得た利益を投資する。Make sense, 何もかも辻褄が合っている。
今でも国内の合意形成もできず、エネルギー政策も見えず、運用にも未解決な問題が多いのに、首相が原発を海外に売りに走る国。私たちは根本から学び直す必要があるのではないだろうか?

[amazonjs asin=”4478025061″ locale=”JP” title=”シェール革命後の世界勢力図”]

産経新聞・社説
日印首脳会談 協力強化への弾みつけた

日本経済新聞・社説
日印の原子力協定は非核のルール厳格に

これは憶測の域に残ってしまうが、得られる情報から考えると、インドが狙っている未来が見えた気がする。彼らは原子力技術そのものが欲しいようだ。もちろん、原発を作りたいし、停電頻発で困っているのも事実だが、発電所を造ることにこだわっているようには見えない。イランや北朝鮮のような武器としての可能性を追求しているようにも見えない。すでに原爆は保有している。あれ?疑問が湧かないだろうか?原爆を持っている国が、なぜ発電所は造れないのだろう?これは中国にも通じる違和感だ。日本からごっそり手にしたい、できれば技術者から特許まで買い取ってもいい、それくらいのつもりではないだろうか?なぜなら…彼らは気づいている。日本は原発をもはや運用できない。いまのITに日本が追従できていないことも、原発のロードマップ、国としてのグランド・デザインも持っていないことも。原子力協定が求めるのは、原発の建設ではないだろう。手放しに喜んでいていいのだろうか?国の税の根幹を部下に任せてやる仕事にしては、安倍氏もあまりにお粗末なリーダーシップだ。

[amazonjs asin=”4822247112″ locale=”JP” title=”インド 厄介な経済大国”]

朝日新聞・社説
軽減税率 原点を忘れた政治決着

毎日新聞・社説
軽減税率で与党合意 「欧州型」への第一歩に

読売新聞・社説
軽減税率 円滑導入で増税の備え万全に

これを合意と言うのだから呆れる。6000億円の目処も立たないのに、減税のような大きな方針を「やる」と言い切ってしまった。国会を開かずに議論していた理由が判った気がする。与党が割れてしまうほど、悲観的な調整しかできないのだろう。これを年明け、国会で合意できるつもりだろうか?首相の留守に決めたのも意図的だろうか?与党の感覚が判らない。中学生でさえ気づきそうな破綻した案なのだか…無責任過ぎる。

[amazonjs asin=”4903853950″ locale=”JP” title=”絶対に受けたい授業「国家財政破綻」”]

人民網日本語版
変わる健康消費の概念 北京はマスク消費全国一

この自虐的なトピックは何だろう?素直に大気汚染と書かない姿は滑稽なだけだ。ここ数日の人民網は、世界が中国人を嗤う時のイメージどおりの姿を晒してしまっている。共感したくなるような報道に早く戻って欲しい。

[amazonjs asin=”4582482201″ locale=”JP” title=”中国メディアの現場は何を伝えようとしているか: 女性キャスターの苦悩と挑戦”]

Comments are closed.