ORIZUME - オリズメ

2113.報道比較2015.2.17

2113.報道比較2015.2.17 はコメントを受け付けていません。

ヨーロッパでデンマークでまたテロ。重苦しい。経済に集中できる環境は作れるだろうか?

Financial Times
銃撃事件に揺れるデンマーク (2015.2.16)

朝日新聞・社説
欧州のテロ―暴力の拡散を抑えよ

朝日は随分ととぼけた言い方をしている。明らかに連鎖だ。イスラム教とキリスト教、移民と先住民の間での衝突が連鎖している。政治が必死でイスラム教と移民への攻撃を制止している。この意識の陰には、格差が、若者の不遇な状況に原因があるだろう。有り余った不満とエネルギーが、宗教や民族闘争になって見えるが、実際に不満を漏らしている原因は失業、貧困、チャンスのなさ、そんな絶望感だ。イスラム国も、この不満をうまく利用して人を集めている。
パリは反省しただろうか?どれだけリーダーを集めてデモをしても、次の連鎖は止められなかった。あのアプローチは失敗だ。いまの政治や新聞がやっているような「暴力反対論」はワークしない。心の奥にあるのは、イスラムの侮辱だけではない。すべての不遇と格差に対する抵抗だ。やがて宗教や民族を越えて結託すれば、次は富裕層と政治への攻撃に変わるだろう。その目は徐々に見えつつある。もしその流れが起きれば、アメリカも、日本も、世界の先進国で同様の事態に陥るだろう。

Wall Street Journal
ギリシャ金融支援、16日は合意不成立―EU側と深い溝 (2015.2.17)

駆け引きはまだまだ続く。今のところ、残念だがギリシャのリーダーが聡明に見えたことも、有利に見えたこともない。裸の王様のように見える。あえて言えば、当時の鳩山氏に似ている。迷走した時に政権を投げ出したりしないかが不安だ。勝手に国民に約束したことを、外国で断られてどう落とし前をつけるのだろうか?

産経新聞・社説
GDPプラスに 原油安生かし本格回復を

日本経済新聞・社説
民需主導の自律回復うながす構造改革を

マーケットは日経の言うとおり、このニュースは「ネガティブ」に見た。産経のようなポジティブさはない。見込みを達成できなかった、まだ弱さが目立つ日本経済との見方だ。次に日銀がどう動くかに注目だ。その先に統一地方選が控えている。いまの日本経済は政治主導だ。企業が引っ張り、政治に詰め寄る、本来の形に早く戻って欲しい。

毎日新聞・社説
岡田氏代表質問 「格差」議論もっと深めよ

読売新聞・社説
衆院代表質問 現実的な格差論議を深めよ

安部氏の答弁で残念だったのは、格差の存在を認めなかったことだ。「格差はあり、対策を講じるべきだ」と明確にすべき状況に来ている。そう言えなかった理由は選挙だろうか?冒頭のテロと同様のことが、やがて日本でも現実になる。それくらい日本の若年層も追い詰められ、不満を蓄えていると思うべきだろう。富裕層を攻撃すべきという意味ではなく、格差を少しでも是正する動きを見せない限り、どれだけ経済が成長してもさらにリスクが高まる。オバマ氏が任期が見えていても格差是正を唱えるほど、アメリカも危機感を持っている。ヨーロッパも中国も、いま起きている紛争の大半の原因は格差だ。日本の格差は所得や階級よりは世代に直結している。世代間の紛争になると解決はかなり手間だ。政党がワークしなくなる可能性もあり得る。早めに対処すべきリスクだ。

Comments are closed.