ORIZUME - オリズメ

705.報道比較2012.2.10

0

Wall Street Journal
日米、在日米軍の再編計画を縮小へ (2012.2.9)

米国からの解説が、日本市民の意見と一致している。良い傾向だ。
日本の民主党は完全に見捨てられた。もう未来はないだろう。今の野田氏が最後の総理になる。彼らの歴史は終わった。

日本経済新聞・社説
対中戦略で米国と突っ込んだ協議を

ああ、無能。WSJと比較するとすぐ分かるはずだ。哀しいほどに。
きっと政府もこんな調子なのだろう。噛み合うわけがない。アメリカもさぞ失笑したことだろう。

朝日新聞・社説
沖縄負担軽減―見える成果につなげよ

ひきつづき、恥さらしの無能さ。これでもずいぶん削ったのだが。どうすればここまで厚かましくなれるのだろう?

読売新聞・社説
9条と自衛隊 憲法改正へ論議の活性化を

昨日の産経を追って主張。主張までそっくりですが。
自民党は田中防衛相を追い込むつもりでやっているのだろうか?時間の無駄だ。

産経新聞・社説
閣僚人事 危機克服より党内配慮か

人材がいないんでしょう。人脈もないんでしょう。本人が気づいていれば幸いです。

毎日新聞・社説
復興庁発足 現地の機能を最優先に

オン・タイムで事を追っているのは毎日だけ。その部分は評価できるが、中身が浅い。沖縄と教育以外にも、しっかり深い取材をした方がいい。その財力がないのか?

Financial Times
本格回復の初期兆候を見せる米国経済 (2012.2.9)

おめでとう、アメリカ。おめでとう、オバマ。再選が見えてきたかい?
聡明な彼はに、まだカードも余力もあるだろう。おそらく数字はまだ上がる。浮揚感のような景気感が季節とともに訪れるだろう。

Comments are closed.