ORIZUME - オリズメ

704.報道比較2012.2.9

0

毎日新聞・社説
米軍再編見直し 「戦略なき安保」脱却を

何も考えていなければ、語れることなどあるわけがない。仕事でも勉強でもそうだ。オトナは腰抜け。情けない。

Wall Street Journal
エネルギーブームで活気づく米経済 (2012.2.8)

雇用。エネルギー。アメリカが常に求めるもの。いつも、それでもアメリカをうらやましいと感じるのは、汚職や抗争とは無縁な場所で議論が進行すること。ロシアでも、中国でも、日本でも、フランスでも、ドイツでさえ、このあたりの問題には「ヤバい」と市民が言うようなキナ臭さが尽きない。米国でもそれなりの利権があるのは見えるが、他の国と比較すると許容範囲だろう。自由民主主義だからか、超大国だから、か?

Financial Times
品質を求め始めた中国の消費者 (2012.2.8)

良い傾向を感じる。もっとも働き、しっかり稼いでいる国、中国。潤って、質が上がっていくのは素晴らしいことだ。世界を引っ張るところまで発展して欲しい。
反面教師のように見られている我々も、自戒すべきだ。中国が働いている。汚れた公務員や政治家も聞くが、市民は汗をかいている。日本が堕ちている理由はここだ。政治になど頼るな。自らが動けばいいんだ。

日本経済新聞・社説
成長戦略と財政再建を迫る経常黒字縮小

上っ面だなあ…薄っぺらいなあ…。この軽薄な解説と主張は何だろう?日経のレベルはこの程度なのだろう。国内の新聞読んでても助からないね。海外紙の方がよっぽど取材している。

産経新聞・社説
芦田修正 やはり9条改正が必要だ

とても重要な問題だが、いま言うべき時期ではない。ではいつか?を問える時期でもない。理由?使えない政府だからだ。彼らには問題提起の資格さえない。こんな重要で複雑な方程式は解けない。目の前の問題だけを解決して、早く去ってもらうべきだ。

TPP事前協議

この2本は、無意味なので簡潔に。

朝日新聞・社説
TPP事前協議―一元的な態勢をつくれ

読売新聞・社説
TPP事前協議 日本参加は米国にもプラスだ

Comments are closed.