ORIZUME - オリズメ

699.報道比較2012.2.5

0

Economist
日本の政治ビジョン:世代間戦争 (2012.1.28)

英国の経済紙にHASHIMOTOの名が取り上げられた。最後の一文「日本の政治を先鋭化させている。それはプラスにしかなり得ない」が力強い。
こういう主張を頼む、国内紙よ。なぜ海外がエールを送り、国内は彼を排除するのか?

Wall Street Journal
ロシア、中国がシリア決議案に拒否権―国連安保理 (2012.2.5)

朝日新聞・社説
電気料金―真の自由化を見すえて

JRやNTTを見ていると、民営化、自由化というのは決して悪くないシナリオに思える。ゆうちょや道路公団は?JALは?たとえ、いまの経営状況や体質がどうあれ、感じるのは「透明になって風通しが良くなることは、良いこと」ということだろう。中にいる人たちはどう感じているのだろうか?
電力会社も、砂上の楼閣のような安定にしがみつくのは、もうやめた方が良い。あなた達の学歴や知能指数は高い。自由競争を楽しんでみればいい。今よりずっと爽快なはずだ。

産経新聞・社説
海兵隊先行移転 普天間移設し抑止強化を

当たり前だ。アメリカは待たない。待つ理由がない。日米同盟で国防でメリットを享受しているのは?明らかに日本だ。ならば、なぜ我々が努力しないのだろう?頼む側が人を待たせるなど、あり得ないはずだ。その非常識を平気でやっている。何か大切なものが失われていると察するべきだろう。

日本経済新聞・社説
(エネルギーを考える)原発の将来を決める「点検期」が要る

日曜の主張としては良い社説といえる。このような議論を、大学や日曜の新聞だけでなく、誰もが活発にできる時代が来れば、この国は変わるだろう。そういう環境づくりはマスコミがもっとも適切なはずだが。もうその能力はないだろうか?

毎日新聞・社説
テレビ事業不振 独創性で競争力向上を

少し違う。ソニーを取り上げたコラムでも書いたが、コモデティー化したから韓国に勝てないのではない。すでに、あらゆる面で韓国の方が魅力を感じる、の域に入っている。
デザイン、機能、インターフェイス…エクスペリエンスにおいて、日本製品は世界最悪だ。使わない機能に対価を払わされる。大事な時に役に立たない。本当にしたいことができない。使うほどにストレスが増す日本製品は、日本社会のように窮屈で、退屈で、苛立ちを感じるものばかりだ。未だに日本製品が品質世界一だという誤解を、さっさと捨てた方が良い。日本国民全体の品質感覚が間違っている。世界には、もっと良いものがたくさんある。

Comments are closed.