ORIZUME - オリズメ

Posts Tagged / 産経新聞

3300.報道比較2018.3.16

朝日は手応えを感じているのだろう。調子に乗り過ぎず、裏付けを取る報道をつづけて欲しい。次に足下をすくわれ、ブーメランが返ってくるとしたら、報道に作為が含まれた時だ。朝日はその痛みを十分に知っているはず。せっかく政権が後ずさりをはじめたのだから。

3300.報道比較2018.3.16 はコメントを受け付けていません。

3299.報道比較2018.3.15

日本の腐敗を正そうという意識は、公務員のリークにも、検察の動きにも見える。あとは私たちが、求める意識を高められるかだ。

3299.報道比較2018.3.15 はコメントを受け付けていません。

3298.報道比較2018.3.14

正論よりも工作。過程よりも結果。理想より現実。ディールのリーダーシップ。計なきものには、益なし。

3298.報道比較2018.3.14 はコメントを受け付けていません。

3297.報道比較2018.3.13

明らかに戦後どころこか、日本の政治・行政の歴史の汚点として残る事件。しかも、その原因が内閣への忠誠?人事権への恐怖?鼻で笑いたくなるほど、哀しいほど、小さい。

3297.報道比較2018.3.13 はコメントを受け付けていません。

3296.報道比較2018.3.12

選挙対策ではないか?と言われるトランプ氏の行動が現実になった以上、私は結果を見てみたい。

3296.報道比較2018.3.12 はコメントを受け付けていません。

3295.報道比較2018.3.11

7年の間、ほとんど政権を担っていたのは安倍政権だった。震災復興以外でも、私たちは、リーダーシップを、代表者の選び方を再考すべきだ。何もかもが遅く、変わらない。

3295.報道比較2018.3.11 はコメントを受け付けていません。

3294.報道比較2018.3.10

政権にとって、最悪のシナリオ。アメリカに梯を外され、自らの身から出た錆が不信の証明になった瞬間だ。詰みだ。投了しかないだろう。

3294.報道比較2018.3.10 はコメントを受け付けていません。

3293.報道比較2018.3.9

3月初旬から、安倍政権の崩落は加速しはじめた。読売は見切ったかのように政府より世論に傾いた。読売は朝日の記事が正しいとの情報を得ていたのだろう。産経、日経、毎日は必死に財務省の話題を避けている。財務省にも検察にもウラ取りのできない能力。政府に迎合していた姿勢が見えるメディアを信じる人などいない。自業自得だ。

3293.報道比較2018.3.9 はコメントを受け付けていません。

3292.報道比較2018.3.8

アメリカが対話を意識した瞬間。なぜか平和よりも緊張を望んでいたかのように反応する読売。もっとも悪質なのはスルーした日経。2本目で読売に近い社説を書く産経よりもひどい。日経にとって、北朝鮮問題は緊張の方が都合が良かったのだろう。無関心を装いながら、時間を稼ぐ様は最悪だ。

3292.報道比較2018.3.8 はコメントを受け付けていません。

3291.報道比較2018.3.7

利権による権力は、いつか信念に敗れる。

3291.報道比較2018.3.7 はコメントを受け付けていません。

3290.報道比較2018.3.6

アメリカの貿易戦争は、トランプ氏の衝動からはじまったとしても、これからはじまる世界最大の経済大国、経済利権の取り合いのスタートになる。恐れているだけでいいはずがない。

3290.報道比較2018.3.6 はコメントを受け付けていません。

3289.報道比較2018.3.5

イノベーション。スクープ。行動が世界を変える。

3289.報道比較2018.3.5 はコメントを受け付けていません。

3288.報道比較2018.3.4

週末だからか、国内紙の話題が完全にばらけた。意図的に安倍政権と距離のある話題を選んでいる。朝日の投下したショッキングな報道が世を騒がしている時に、朝日さえも声を上げようとしない。

3288.報道比較2018.3.4 はコメントを受け付けていません。

3287.報道比較2018.3.3

完全に潮目を変えた特捜のリークと朝日の報道。他紙は追えなかった。それはつまり、政府との癒着、特捜のリークを潰されるリスクを感じたからだ。日本のメディアと社会が、どれだけ口を閉ざし、見るべきものから目を逸らしているか、その危機が日本をどれだけ蝕んでいるかを示している。

3287.報道比較2018.3.3 はコメントを受け付けていません。

3286.報道比較2018.3.2

使い物にならないデータで結論を急がれても失敗は確実だ。労働生産性が法案ひとつで変わることはない。もし法だけで変わるとしたら、それはまた労働者に無理を強いる環境が整うだけに過ぎない。

3286.報道比較2018.3.2 はコメントを受け付けていません。

3285.報道比較2018.3.1

強い相手を叩くには情報だ。真実を突き付けることだ。

3285.報道比較2018.3.1 はコメントを受け付けていません。

3284.報道比較2018.2.28

安倍政権がフリーランスを保護して減税まで盛り込もうとした時、私は完全にペテンがはじまったと感じた。裁量労働を盛り込み、稼げる人は減税も含めてフリーランスがおトクという論理をつくろうとしたのだろう。フリーランスを志す人たちは、何をすべきか?私はユニオンを作るべきだと思う。気軽につながれる時代だからこそ。

3284.報道比較2018.2.28 はコメントを受け付けていません。

3283.報道比較2018.2.27

一党独裁のデメリットは、選択肢がひとつしかないことだ。選択肢が失敗すれば、次を準備するのに途方もない時間を要する。今の日本も似た状況なら、早めに軌道修正が求められる。

3283.報道比較2018.2.27 はコメントを受け付けていません。

3282.報道比較2018.2.26

防衛費を語れる雰囲気はゼロ。北朝鮮問題が安定しているのが救い?勝手に盛り上げていたのは安倍政権だ。彼らがしゃべるチャンスを失ったら、どれだけ北朝鮮リスクが小さいかも再認識できる。

3282.報道比較2018.2.26 はコメントを受け付けていません。

3281.報道比較2018.2.25

財政危機の大半を占めるのは社会保障。Wall Street Journalの寄稿が本質を突いている。危機感を持てば、アメリカはドラスティックに動く。日本は本気で解決する気があるだろうか?また他山の石を待つばかりか?

3281.報道比較2018.2.25 はコメントを受け付けていません。
ページ:12345678910...24