ORIZUME - オリズメ

Posts Tagged / 日本経済新聞

3244.報道比較2018.1.19

Wall Street Journalも毎日も、トランプ氏に対して消化不良な主張を延々と書いている。どちらも説得力はないが、実績を上げた以上、認めないわけにはいかないとでも言いたげな内容。

3244.報道比較2018.1.19 はコメントを受け付けていません。

3243.報道比較2018.1.18

値動きは、ロングかショートか。確率で考えれば50%で当たる。つまりアナリストの言う事はどれだけ言葉を並べても50%の未来予測に過ぎない。投資のポイントは、賭け過ぎないことに尽きる気がする。

3243.報道比較2018.1.18 はコメントを受け付けていません。

3242.報道比較2018.1.17

時間という資源は、有効に使われているだろうか?業績がいいのに給料が上がらないなら、そんな会社は去った方がいい。

3242.報道比較2018.1.17 はコメントを受け付けていません。

3241.報道比較2018.1.16

Financial TimesとWall Street Journalのトピックが痛快で興味深い。日本は、相変わらず時計が止まっているようだ。価値観の断絶を感じる。

3241.報道比較2018.1.16 はコメントを受け付けていません。

3240.報道比較2018.1.15

自らの人生で、許容できるリスクを取って、挑戦する。人生のすべてだ。リスクを取らなければ、人は生きてさえいられない。

3240.報道比較2018.1.15 はコメントを受け付けていません。

3239.報道比較2018.1.14

モラルを維持するのに最も大事なのは、成長だ。未来のみ得ない場所では、人はどんな努力も約束も放棄する。

3239.報道比較2018.1.14 はコメントを受け付けていません。

3238.報道比較2018.1.13

中国とアメリカが、朝鮮半島で連携をはじめた。ゴール設定が一致すれば、中国とアメリカは行動を共にするだろう。

3238.報道比較2018.1.13 はコメントを受け付けていません。

3237.報道比較2018.1.12

日本のアジア外交は相変わらず空転している。中国はリーダーシップを鮮明にしはじめている。このままでは、もっとも貧乏くじを引くのは、日本になる。

3237.報道比較2018.1.12 はコメントを受け付けていません。

3236.報道比較2018.1.11

国益のためなら過去より未来を選ぶのがリーダー。政治とはそんなもの。だから、余計な事は言わない方がいい。圧力という言葉を使い過ぎたことを、後で後悔することがないといいが。

3236.報道比較2018.1.11 はコメントを受け付けていません。

3235.報道比較2018.1.10

欧米は、中国の発展に敬意を表しながら、自由が人類の発展にもっとも有益だと証明する必要がある。中国のカネや、政府のカネを求めずに、うまくやれる方法を、私たちは知っているはずだ。

3235.報道比較2018.1.10 はコメントを受け付けていません。

3234.報道比較2018.1.9

どうやら、今年のトレンドは仮想通貨が握りそうだ。AIよりもずっと下世話で、騒がしい。

3234.報道比較2018.1.9 はコメントを受け付けていません。

3233.報道比較2018.1.8

成人の日。新成人が求めているのは、説教ではない。役に立つ情報だ。失った30年を作った大人の言葉は、説得力ゼロだ。

3233.報道比較2018.1.8 はコメントを受け付けていません。

3232.報道比較2018.1.7

来年2019年10月に増税…忘れていたが、たしかにそういうスケジュールだった。いま必死に上げ底している日本の株価も、あと1年ほど延命しなければ心許ない。増税のための環境は、今年整えなければならない。バラマキがはじまる。要注意だ

3232.報道比較2018.1.7 はコメントを受け付けていません。

3231.報道比較2018.1.6

北朝鮮との対話と、日韓合意の否定。同時にやる戦略を文氏がやったなら、プーチン氏なみの周到な戦略だ。文氏の行動を見る限り、その可能性はゼロ。ということは…韓国の外交のシナリオは中国が描いている。

3231.報道比較2018.1.6 はコメントを受け付けていません。

3230.報道比較2018.1.5

周回遅れになっている日本なら、1年の計は大晦日までに、1年の総括をクリスマスまでに行うくらいの先んじる発想が必要ではないか?5日も休めるほど、日本に余裕はない。

3230.報道比較2018.1.5 はコメントを受け付けていません。

3229.報道比較2018.1.4

しっかり休んだ産経だけが、昨日に引き続いて本質的。あとはまったく使えない内容。休みたいなら休めばいいし、意味を込められないなら動かない方がいい。空回りしている30年、70年。日本の縮図だ。

3229.報道比較2018.1.4 はコメントを受け付けていません。

3228.報道比較2018.1.3

元日は良かったが、昨年にタイムスリップしたように旧体質に戻った国内紙の社説。世代交代を進めて欲しい。言論の自由のない中国の方が、ずっと良いコンテンツを出している。反省が必要だ。

3228.報道比較2018.1.3 はコメントを受け付けていません。

3227.報道比較2018.1.2

最初の国内紙休刊。人民網とWall Street Journalを見る限り、この状況なら2018年も中国の年になりそうだ。

3227.報道比較2018.1.2 はコメントを受け付けていません。

3226.報道比較2018.1.1

元日。昨年に比べれば、ずっと落ち着いた新年のはじまり。脅えは消え、まだ慢心はない。継続できれば、良い年になりそうだ。

3226.報道比較2018.1.1 はコメントを受け付けていません。

3225.報道比較2017.12.31

大晦日が、ただの総括になるよりは、実質的な方が楽しめる。最後まで朝日と読売は没落ぶりを見せた。2018年は、どんな報道を各紙見せてくれるだろうか?

3225.報道比較2017.12.31 はコメントを受け付けていません。
ページ:12345678910...134