ORIZUME - オリズメ

Posts Tagged / ウォール・ストリート・ジャーナル

3157.報道比較2017.10.24

盛り上がる気になれなかった選挙への責任は、自らで取りたい。政治に期待しない分だけ、自立していきたいと心を新たにしているところだ。

3157.報道比較2017.10.24 はコメントを受け付けていません。

3156.報道比較2017.10.23

信頼できないと大声をあげる人たちを、もっと信じられない時代。人柄が信頼できないと言われる人が過半数をとって首相になる状態。選択肢がないのなら、政府にいい仕事をさせるだけのメディアや有識者が活躍して欲しいのだが、まだその兆しは見えない。

3156.報道比較2017.10.23 はコメントを受け付けていません。

3155.報道比較2017.10.22

人に投票に行けと言えるだけの説得力のある新聞が、日本にはひとつもなくなった。信じてたくしてみたい政党がなくなったのと同様に。同じことが、買いたいもののない売り場、心に響かないサービスとして巷にあふれているのも似ている。テキトーにごまかす日本の生き方が、どこまでも社会を蝕んでしまった。やり直しだ。

3155.報道比較2017.10.22 はコメントを受け付けていません。

3154.報道比較2017.10.21

消費増税の決断を経て、オリンピックを迎え、その後の景気後退を確実に受ける次の政権。安倍氏に責任を取ってもらおう。今回の混乱で感じたのは、呑まれない場所を確保する大切さだ。

3154.報道比較2017.10.21 はコメントを受け付けていません。

3153.報道比較2017.10.20

人民網が露骨に中国称賛、共産党配慮が目立つ。習氏の政権がここまでのプレッシャーを使い、統制を望んでいるのなら、中国の低迷は早いだろう。

3153.報道比較2017.10.20 はコメントを受け付けていません。

3152.報道比較2017.10.19

これが、これからの中国を見る未来像になるのではないか。中国は国家主義を進め、新聞を含めて何もかもが国家主導になる。結果、今までの成長は消え、窮屈な中国に戻る。アメリカは中国への懸念を強め、ロシア化に備える。日本は、進歩しない固定観念から抜け出せない。

3152.報道比較2017.10.19 はコメントを受け付けていません。

3151.報道比較2017.10.18

行政に依存している限り、国家の発展はない。社員が社長に依存している会社、親の決断にすべてを委ねる家族と一緒だ。うまくいかなくなった時、何もかもが崩れてなくなる。

3151.報道比較2017.10.18 はコメントを受け付けていません。

3150.報道比較2017.10.17

不信の宿る社会の生産性は著しく低い。いま、先進国はどこもその課題を抱えはじめている。

3150.報道比較2017.10.17 はコメントを受け付けていません。

3149.報道比較2017.10.16

中国の経済にかかわるニュースが、アメリカと同レベルに注目されるのが、これからの日常になるのは確実だ。日本の新聞よりも海外紙のニーズがさらに高まりそうだ。

3149.報道比較2017.10.16 はコメントを受け付けていません。

3148.報道比較2017.10.15

各紙の社説は、選挙への政策論にすでに息切れ。党首討論でそれなりに盛り上がった先週に比べて話題の質が下がっている。メディアの劣化は政治の劣化よりペースが早い。自らで考えるには、雑音が減って都合がいい。

3148.報道比較2017.10.15 はコメントを受け付けていません。

3147.報道比較2017.10.14

本当に信念のある組織が政治に利用されているなら、今までのアメリカなら自ら改革を先導した。途中で降りるカードは使わなかった。降りればあらゆる発言力を失うからだ。最近のアメリカは孤立を恐れない。中国がこの椅子に座りたがるのは確実。アメリカもそれを受け入れるだろう。アメリカ依存でいればよかった日本は、今までと同じ発想でいいはずがない。

3147.報道比較2017.10.14 はコメントを受け付けていません。

3146.報道比較2017.10.13

これで日本企業の何度目の不祥事だろう?もうMade in Japaが信頼の証と言える日本人はいないだろう。少なくとも、私は恥ずかしくていえない。

3146.報道比較2017.10.13 はコメントを受け付けていません。

3145.報道比較2017.10.12

徐々に政策論になってきた選挙戦。最後まで政策で戦うなら選び甲斐がある。ただ、内容はどれもお粗末。「あなたのやりたいことすべてに賛同したことなどない」と、すべての政党に言いたい。ひとつだけ仕事をしたら解散するスタイルに変えてくれないだろうか?

3145.報道比較2017.10.12 はコメントを受け付けていません。

3144.報道比較2017.10.11

意味のない選挙を、意味のない報道が判りにくさを助長している。最後まで、真面目に取り組んだ人が評価されるのは、今の日本でも変わらず通用する。本当のことを言っているのは誰だ?それだけで誰を選ぶかを決めた方が良さそうだ。

3144.報道比較2017.10.11 はコメントを受け付けていません。

3143.報道比較2017.10.10

選挙公示日に国内紙は休刊。騒がしくなくてむしろ快適。いらない情報は少ない方がいい。静かな中で、考えたい。

3143.報道比較2017.10.10 はコメントを受け付けていません。

3142.報道比較2017.10.9

朝日は昨日につづいて、選挙関連の話題を1本目の社説から外した。安倍氏の攻撃に脅えたような行動は、このタイミングでは不適切だ。文春や東京新聞の覚悟を理解しているのだろうか?大新聞社の姿勢として失望する。毎日も似たようなものだ。政権批判を貫きたいなら、ここで気概を見せなければならない。過度に小池氏に期待していたのだろうか?

3142.報道比較2017.10.9 はコメントを受け付けていません。

3141.報道比較2017.10.8

党首討論を私は見ていないが、安倍氏も小池氏も、期待を高めるよりは失望を誘ったようだ。やはり誰も過半数を取れない結果になって欲しい。

3141.報道比較2017.10.8 はコメントを受け付けていません。

3140.報道比較2017.10.7

産経、日経、読売が希望の党の公約を批判。どうやらこの3紙は自民党応援のようだ。3紙の批判の内容が完全に横並び。コピペか、どこかから指示を受けて書いたかのように似揃っている。こんなことがあるだろうか?実際の政策の内容、決して悪くはないと思うが。

3140.報道比較2017.10.7 はコメントを受け付けていません。

3139.報道比較2017.10.6

安倍氏の経済政策はメチャメチャだった。応援だけで何もしない社長が経営している会社のようだった。私はもうイヤだが、小池氏の都政、本当に透明だろうか?健全だろうか?私はねじれを求める。もう一度、私たち自身が自己責任を意識するために。政治の遅い時計に付き合う必要があるんだ?

3139.報道比較2017.10.6 はコメントを受け付けていません。

3138.報道比較2017.10.5

中国がどれだけ成長しようとも、一党独裁を望む国は他に生まれなかった。豊かになるより自由な方がいい。人間の究極の答えは出ている。習氏が長期の皇帝になるのを願うなら、すべきことは見えている。

3138.報道比較2017.10.5 はコメントを受け付けていません。
ページ:1234567...108