ORIZUME - オリズメ

365.Apple Storeキッズワークショップ・レポート1 iMovie編 -2時間で成長するこどもたち-

0

ゴールデンウィークも後半に突入。Apple Storeは家族で遊ぶ、作る、もっとつながると銘打ち、各種イベントが開催されています。
(くわしくはこちら)

その中でもプレミアム・チケットのように人気のあるキッズワークショップ。今回はORIZUMEはフラッグシップであるApple Store, Ginzaにお邪魔してレポート。
こどもたちでいっぱいのApple Storeの模様をお届けします。
  
  

連休に入る前日の4月28日に日本でも発売がスタートしたiPad 2。一目見ようという人と、買いたい行列は5月4日になっても減ることはなく、人がいっぱい。
そんな盛り上がりを見せるApple Storeに、朝10:00になるとこどもたちが緊張の面持ちでやってきました。
わずか2時間、Appleのソフトウェアを使って「作る」を体験するキッズワークショップ。今日はオリジナル映像を作るiMovie。

iPod touchでApple Store内を撮影し、最新のiMoveが誇る予告編を作る機能でオリジナル作品を編集し、DVDにして持って帰れる、魅惑のプログラム。
  
  
オリジナルのTシャツをもらい、自己紹介をする頃は、ちょっともじもじしていたこどもたちが、iPod touchを手に練習をはじめると、この表情。

すっかりマジメに「作る」に引き込まれていきます。

ふだんは撮影禁止のApple Storeでも、今日のこどもは王様。画面を見つめながら、映画監督のように撮影していきます。



  
  
各フロアで与えられる時間は、わずか5分。短い時間の中、どんどん撮る、録る!



  
  
もう、こどもたちの顔は探求心いっぱい。
Macにむかい、撮影した映像が画面に登場した時には、次にはじまる創作にわくわく。


  
  
ここで、最新のiMovieが備えた予告編を作る機能が大活躍。
ハリウッド・ムービーさながらの映画のトレーラーを、簡単にタイピングして、撮影したムービーをはめこめば作り上げられます。
とはいえ、できあがるムービーはオリジナルそのもの。しっかり自分だけのムービーに仕上がるから不思議。


  
  
パパやママの力を借りながら、仕上がったオリジナル・ムービーは、DVDにして持ち帰り。

  
  
こどもたちは、自分たちの力で作ることに目を輝かせていました。
2時間でも吸収して成長する、こどもたち。さすがです。
こんな、すてきな笑顔が見れるなんて…サイコーです。

  
  
今回レポートしたiMovieは、こちら。

{{insert_meta NewsAmazon}}

Comments are closed.