ORIZUME - オリズメ

272.Apple大好き女子が、iPad 2を早くも体感!~弓月ひろみ編~

0

待ちにまったiPad 2が、発表されました!
Apple Store, Ginzaで開催された、プレスイベントに参加してきました!!


▲プレスの皆さん、もう、iPad2に夢中。

噂されていたホワイトカラーも登場。
ジョブス氏はプレゼンの中で「このホワイトは初日からあるよ!」と自虐ネタで笑いをとっていました。

▲軽さは100g軽くなりました。こんな風に隅のほうを持っても、ぐらつきません。
100gの違いって、こういう所に出て来るんだな。(クリックで拡大)

お風呂の蓋、と(日本の一部で)言われていたスマートカバー。

▲くるっと片手で折り畳むことができ、スタンドのかわりになります。
この小さな三角形で、こんな下部がしっかり支えられている=薄くて軽い!の証明でもありますね。(クリックで拡大)
  
  

▲スマートカバーをスタンドにして立てかけたところ。この傾斜角が結構見やすい。
iPadにとっての「視覚的ベストの高さ」が意識されているんじゃないでしょうか。(クリックで拡大)
  
  
そして今回の一番大きな変更点といえば、やっぱり前面と背面両方についた「カメラ」

▲これは、フォトブースを使ってインカメラを起動させているところ。当たり前ですが……画面が広い!(クリックで拡大)
  
  
FaceTimeを使ってみました。
このイベントの為に、スタンバイしてくれているスタッフさんと通話。

▲iPadの画面でみるFaceTimeは、大きすぎず、小さすぎず、気さくな雰囲気の程よい距離感がありますね。話しかけやすい大きさ、というんでしょうか。(クリックで拡大)

これを使ったビデオ会議なんか、かなりいいんじゃないでしょうか。
なんとなく10台ぐらいに囲まれてみたいです(ゼーレ的に)。
左上にこちら側の映像が映っていますが、このフレームはタップ&ドラッグで
四隅好きなところに合わせることが可能です。
相手の顔の上にのっけたりは出来ませんので、あしからず(四隅だけですよ)。
FaceTimeは、iPhone 4、Mac、iPad、iPod touch(第4世代)のすべてで使えて、どのデバイス同士でも繋げることが可能。
インストールなど小難しい手順いらずでサクッと、人との距離がぐんと近くなる。いいね!
  
  
映像というところでは、4.99ドルという信じられない価格で提供される、
iMovie for iPadも、びっくりするぐらい秀逸です。

私は通常MacBookでiMovieを使っていますが、正直、動作が重い、というイメージがありました。
しかし、今日、iPad 2で上で、作成中のムービーのプレビューが「あたかも今撮影しているかのように」サクサク動いているのを見て驚愕。
こ、これはもしやMacBookを立ち上げなくなるんではないのか…?と思ったぐらいです。
  
  
Garagebandも秀逸。1タップでコードをならしてくれる機能が備わっていたり
楽器をソフトに叩けば柔らかく、強く叩けば重厚に、とタッチの強さも認識してくれる(ペンタブレットみたいですね)。
ギター等とも繋ぐことが出来て、外部の音が収録可能。8つのトラックまでiPad内で編集できます。
そして、できあがった楽曲はiTunesに送ったり、メールで送ることができる!
アーティストはもう、いつでもどこでも作曲が可能になりましたね。

で、インカメラと、こうしたアプリが揃った事でできる可能性について、考えてみました。
例えばこんなのはどうでしょうか。
1. Garagebandで、最初からインストールされているループ(音)をベースに、ドラムを叩いてみる。
ギターのコードをワンタップして鳴らし、適当に作曲してみる。出来たら、iTunesに送る。
2. インカメラまたは、背面のカメラで動画を撮影する。
3. iMovieを立ち上げ、iTunesから音をひろって、動画と組み合わせる
これで、あなたの思い通りのPVが簡単に完成する!!

ビデオキャストもこれ一台で作れそうです。
ビデオキャストには、著作権フリーのBGMが必要だったりしますが、例えばiPad2なら、
1. 出演者同士で、トークしている動画を収録
2. Garagebandを適当に叩いて作ったオリジナルBGMを作成
3. iMovieに取り込んで、ビデオキャストを完成させる
なんてことが出来るようになるのではないでしょうか。配信する側の夢も広がるね。


  
  
iPadが発売された際、対戦ゲームのしやすさ、写真の見せやすさなどから「人が集うデバイス」「人の輪を作るデバイス」だと私は感じました。
「iPhoneは1人のため、iPadは皆のためのもの」と感じていましたが、今回のiPad 2で「iPadは、1人+皆+そしてもっとたくさんの皆のためのもの」になったと、感じました。

1人で、場所を選ばず、クリエイティブな作品を生む。
近くにいる友人や仲間と画面を囲んで楽しむ。
遠方にいる誰かとの距離を縮める。
iPadで見えている画面のすべてをモニターに出力して発表したりもできる。

はじめに「人」ありき、で考えられているiPad 2は、デジタルが作ってしまいがちな「個」を「弧」にしてくれるものかもしれません。
そういうところが、やっぱり、すばらしいよ、Apple!
iPad 2は、ぼんやりと「やってみたいなー」と思っていたことにチャレンジするきっかけをくれたりクリエイティブな可能性を広げて、様々な発見を授けてくれそうな”1枚”です!

さて、あなたは何GBモデルにする??

Text by 弓月ひろみ(ゆづきひろみ)/タレント・パーソナリティ
ラジオではフードアナリストとしても活動するほか、iPhone関連イベント、iPhoneケース展プロデューサーを務める。
3月1日から3月31日までiPhoneケース展が銀座で開催中。
(http://www.jointworks.net/iphone/)

Twitter:@yuzukihiromi
公式サイト http://www.yuzukihiromi.net

【 follow me!! 】@orizume
ORIZUME.comでは、Twitterでとびきりな最新情報を配信中!
「@orizume」をいますぐフォローしよう!!

{{insert_meta Apple2011Spring}}

Comments are closed.