ORIZUME - オリズメ

3396.報道比較2018.6.9

3396.報道比較2018.6.9 はコメントを受け付けていません。

同盟国としての支援はする。ただ、自分のことは自分でやれ。そう突き放された時、日本は自分で立てるのだろうか?その覚悟を、いつになったら本気で認識するだろうか?

Wall Street Journal
北朝鮮の武装解除、最初の関門は現状把握 (2018.6.9)

朝日新聞・社説
日米首脳会談 米国頼みを脱する時だ

産経新聞・社説
日米首脳会談 成果を拉致の全面解決へ

日本経済新聞・社説
日米連携をテコに日朝会談で拉致解決を

毎日新聞・社説
6・12会談へ 日本外交の試練 ポスト米朝への構想力を

読売新聞・社説
日米首脳会談 北の非核化へ緊密な連携図れ

この日、私はアメリカの西海岸にいたが、北朝鮮、トランプ大統領、日本のリーダーがDCに来ていることを話題にする人はひとりもいなかった。日本のようなニュース・スタンドはすでに街にも見かけないから、アメリカがどんな感覚で6.12を見ているのか、その前の日米の会談を見ていたのか、少しは興味があったが、そんな情報が届いてさえいないような、いつもと変わらない日常だった。日本の総理大臣と逢うことは、アメリカにとってはトピックになるイベンドではない。北朝鮮さえ、ミサイルが到達すると言われる西海岸さえ、テレビにも話題は流れてこない。極東の危機にアメリカがカネを出したり兵を出したりすることが許される雰囲気はゼロ。東海岸に行ったら、さらにその感覚は強まるだろう。同盟国としての支援はする。ただ、自分のことは自分でやれ。そう突き放された時、日本は自分で立てるのだろうか?その覚悟を、いつになったら本気で認識するだろうか?

Comments are closed.