ORIZUME - オリズメ

3355.報道比較2018.5.10

3355.報道比較2018.5.10 はコメントを受け付けていません。

朝鮮半島の主導権は、明らかに北朝鮮の金氏が主導している。アメリカと逢うか、中国や韓国とどう対峙するのかも、金氏がすべてを握っている。少なくとも、彼は命がけで国家のために、自分のために考えているだろう。日本にそれだけの覚悟があると思える人は?

朝日新聞・社説
日中韓サミット 外交の「空白」埋める時

産経新聞・社説
北朝鮮危機 「非核化」の溝はなお深い

日本経済新聞・社説
北の「完全な非核化」へ中韓を取り込め

毎日新聞・社説
東京で日中韓首脳会談 非核化の大枠合意を次へ

読売新聞・社説
日中韓首脳会談 北朝鮮の非核化へ道筋を探れ

人民網日本語版
重大な意義を持つ中朝の戦略的意思疎通の強化 (2018.5.9)

日中韓での首脳会談のタイミングに、国家主席が北朝鮮と会談する話題が大きく流れる。意図的なのは明らか。日本で李首相が何を言おうが、国家主席の発言の方が重い。私はずいぶん前から北朝鮮の行動は中国とともにあると見ているが、この2度目の会談で、段階的な非核化と、それに合わせた経済支援のような見返りが、米朝首脳会談でのゴール設定と確認されたようだ。韓国からアメリカ軍がいなくなることが、ロシアと中国にとってのゴールでもある。同時に、日本と韓国を従わせるのはたやすいと判断したのだろう。
仕事で会議となったら、どうする?偉い人ほど手ぶらで来て無知を晒す。会議を仕切る人は事前の準備を怠らない。自分のやり方に添わせたければ提案を持ってくるし、緊張を演出するために強く主張する時もあるだろう。今回、日本はどれだけの準備をしていたのか?アメリカと「これだけは譲れない」と合意した内容を確認した程度ではないか?どうやって守るかも、相手が妥協を求めた際にどう対応するかさえ準備していたか疑わしい。ひたすら非核化という。ひたすら圧力を優先する。国際社会のルールを盾にする。それでここまで、どんどん孤立してきたというのに?
ここまで、朝鮮半島の主導権は、明らかに北朝鮮の金氏が主導している。アメリカと逢うか、中国や韓国とどう対峙するのかも、金氏がすべてを握っている。少なくとも、彼は命がけで国家のために、自分のために考えているだろう。日本にそれだけの覚悟があると思える人は?残念だが、日本国民全員がノーと言うのではないか?アメリカと連携というメディアの表現は聞こえがいいが、シンプルに言えば依存だ。本気で仕事して欲しい。

Wall Street Journal
強硬策の限界試すトランプ外交、大成功か大失敗か (2018.5.10)

Financial Times
米国に対する信頼を打ち砕くトランプ大統領 (2018.5.4)

中東へのトランプ氏の決断で確実になったのは、ヨーロッパとアメリカの関係が悪化したこと。ロシアや中国にとって都合のいい状況になっていることだ。トランプ氏は意図的ではないのだろうが、目的のためにアメリカの孤立は進んでいる。北朝鮮との交渉に、この混乱はポジティブだろうか?緊迫感を高めたいトランプ氏にとってはプラスなのかもしれないが、もっともメリットを得たのは中国だ。

Comments are closed.