ORIZUME - オリズメ

3335.報道比較2018.4.20

3335.報道比較2018.4.20 はコメントを受け付けていません。

いまのアメリカが見ているのは半年先から1年先の未来だ。近視眼的な政治がつづく。日本は支持を失った安倍政権はさらに短い数か月の単位でしか物事を考えられなくなっている。結局、長期的視点で俯瞰している中国が有利になっている。日本とアメリカは対局を見失って自滅している。落ち着くべきではないか?

Wall Street Journal
米中の報復合戦、巻き込まれるテクノロジー企業 (2018.4.18)

人民網日本語版
外交部、中米貿易摩擦について (2018.4.18)

朝日新聞・社説
日米首脳会談 米国一辺倒が招く試練

産経新聞・社説
日米首脳会談 ミサイル放棄も譲れない 同盟の絆生かす備えと発信を

日本経済新聞・社説
省庁の対立超え持続可能な環境政策を

毎日新聞・社説
計4時間の日米首脳会談 非核化へたゆまぬ連携を

読売新聞・社説
日米貿易協議 違い克服し互恵関係を深めよ

トランプ氏の外交スタイルが、中国へのものと、日本に対するものが似通ってきた。安全保障では協力するが、経済政策では緊張を高める。なぜこうなるのか?中間選挙を意識すると、こうなるという判りやすい答えに過ぎない。いまのアメリカが見ているのは半年先から1年先の未来だ。中間選挙が終われば、次はトランプ氏が2期目をどう見るかが論点になる。近視眼的な政治がつづくことになりそうだ。日本は?支持を失った安倍政権はさらに短い数か月の単位でしか物事を考えられなくなっている。結局、長期的視点で俯瞰している中国が有利になっている。日本とアメリカは対局を見失って自滅している。落ち着くべきではないか?

Comments are closed.