ORIZUME - オリズメ

3323.報道比較2018.4.8

3323.報道比較2018.4.8 はコメントを受け付けていません。

朝日が地道な取材で政権を追いつめたなら、素晴らしい。批判に終始して動かなかった頃より、情報がどれだけ強いかを認識したはずだ。権力への戦いは事実の追求が基本だ。うさん臭さが各所に漂う政権に、これだけの長い時間を与えてしまったのは、抵抗の仕方が地道さを失っていたからだ。これからも正しい努力を期待している。

朝日新聞・社説
森友問題 真相究明が国会の使命

この頃から、内閣支持率は坂を下るように堕ちていった。朝日が地道な取材で成し遂げたのなら素晴らしい。批判に終始して動かなかった頃より、情報がどれだけ強いかを認識したはずだ。権力への戦いは事実の追求が基本だ。うさん臭さが各所に漂う政権に、これだけの長い時間を与えてしまったのは、抵抗の仕方が地道さを失っていたからだ。これからも正しい努力を期待している。

産経新聞・社説
東海第2の新協定 対象拡大はこれを限りに

原発推進派が、ここまで苦しそうなのは珍しい。もはや政治でも動かせない抵抗を日本原子力発電が認めた現実は相当に痛いようだ。日本原子力発電も後がないのだろう。経済産業省も状況は理解しているはず。少しずつ原発を捨てる機運が高まっている気がする。

読売新聞・社説
対「北」外交 拉致の解決へ戦略を構築せよ

個人的な信頼関係?これが日本の外交戦略なら、日本は石器時代のような話をしている。個人的な信頼関係とは、深く練られた戦略の上に求められるものだ。白紙のような無計画さで圧力だけを叫んできたが、さすがに孤立を感じたようだ。むしろ末席にさえ座れるかの責任を追求して欲しい。

日本経済新聞・社説
出直し迫られる2年目の仮想通貨業界

毎日新聞・社説
米FBの情報不正利用 潜むリスクに関心持とう

何とも軽薄だ。ブームになれば持ち上げ、転ぶと叩く。本当に仮想通貨やSNSの利便性もリスクも認識していない。仮想通貨が危ういのは投機に傾いているからで、利便性を考えた取引業者は、日本国内はゼロに等しい。ブロックチェーンの技術を商取引のイノベーションに応用しようとしているベンダーは、世界にも希少だ。行政に規制させ、業界団体を設立すれば危機が下がるという日経の発想自体が終わっている。Facebookのリスクは個人情報が悪用したからではない。広告とともに個人情報が抑止できない状態で利用されていたことだ。その意味も理解していない批判は的外れなものばかりだ。日本がサイバー攻撃に遭ったら、この2紙は為すすべなく情報操作に乗りそうだ。インターネットのメディアよりも信頼できない。

Wall Street Journal
貿易摩擦、早くも米雇用統計に影響か (2018.4.7)

人民網日本語版
対話と協議による問題解決の機会 米国は何度も見過ごし (2018.4.5)

貿易戦争に脅えているのは、明らかにアメリカ。トランプ政権の政策は支持を得られていない。少しでもネガティブな結果が出たらトランプ氏は方針転換するだろうか?中国の言う最良の機会があったとは、いつのことだろう?中国がアメリカに貿易赤字を減らす努力を打診した記憶はない。中国も誠実に取り合わなければ、やがて批判に晒される。

Comments are closed.