ORIZUME - オリズメ

3317.報道比較2018.4.2

3317.報道比較2018.4.2 はコメントを受け付けていません。

私には市町村がやっていたことを都道府県に移すと再建が進むという論理が腑に落ちない。まとめたら効率が良くなるほど無駄なことをしているなら、一気に国家までまとめればいい。財源が減って、医療費負担が増している状況が困窮の原因のはず。しなくていい仕事を作り出し、無理に働いたことにしていないだろうか?

朝日新聞・社説
日銀新体制 「異論」含め議論尽くせ

毎日新聞・社説
遅れる財政立て直し 無責任な成長頼みのつけ

中央銀行が経済に重要な影響を与えるのは事実だが、景気から日本の経済の末端まで日銀に依存するような朝日の発想は終わりにしたい。FRBの政策でAmazonやマクドナルドが影響を受けることはないし、国民の経済活動や企業戦略が中心の経済活動議論になる方がいい気がする。もちろん、ローンや銀行経営には日銀の政策は直接の影響を与えるのだが、金利がここまでゼロ近辺で動かない状況は、10年以上変わらない。10年、良い風が吹いたらはじめると待っているくらいなら、違うことを考える方がずっと効果的だ。国家依存の経済政策の発想から脱却すべきだ。
一方で、財政は政治が考え、行政がうまく回せなくなった、完全に国家が責任を取って欲しいテーマだ。もう安倍氏には考える能力も感じられない。逃げ出す準備をはじめているのだろうか?

産経新聞・社説
地域別人口推計 街たたむ議論に踏み込め

読売新聞・社説
国保の運営移管 都道府県主導で再建を着実に

昨日の産経も書いていたが、私には市町村がやっていたことを都道府県に移すと再建が進むという論理が腑に落ちない。まとめたら効率が良くなるほど無駄なことをしているなら、一気に国家までまとめればいい。財源が減って、医療費負担が増している状況が困窮の原因のはず。しなくていい仕事を作り出し、無理に働いたことにしていないだろうか?中間管理職や仕事のない公務員が良く使う手法だ。産経は街をなくす議論もはじめろと言い出した。これは政治課題?私には自然現象に見えるが。いずれにしても、自民党型の国家主導型の運営が少子高齢化で壊滅している。

日本経済新聞・社説
再エネを主力に育てる道筋を長期で描け

有識者会議が機能しなくなっている。言葉遊びのような結論を出しても、何も進まなくなっている。有識者は現場を見ているのだろうか?政治の思惑で有識者が集められているのだろうか?日本全体の信頼が失われているからか?専門的な知識で出たはずの結論が実現できない。停滞だ。

Wall Street Journal
ハイテク銘柄への熱、ウォール街で冷めない理由 (2018.4.1)

ハイテク株にしか期待できないというのは事実だろう。この10年、アメリカ経済の成長を支えたのはITだった。他の業界は常識的な成長だった。だからシリコンバレーの地価が高騰し、ラストベルトと呼ばれるような街が生まれ、格差は大きな問題になっている。だが、いまのハイテクの株価は行き過ぎだ。期待を膨らませ過ぎだとFANG自身が思っているだろう。

Comments are closed.