ORIZUME - オリズメ

3312.報道比較2018.3.28

3312.報道比較2018.3.28 はコメントを受け付けていません。

北朝鮮の外交は、このところ卓越している。確実に目的を達成しているし、協力者を増やしている。少なくとも、日本の外交よりはずっと機能している。これを30代のリーダーが決断しているなら、相当能力は高い。

Wall Street Journal
北朝鮮、頼みの綱はやはり中国? 訪中団に渦巻く憶測 (2018.3.28)

北朝鮮の外交は、このところ卓越している。確実に目的を達成しているし、協力者を増やしている。少なくとも、日本の外交よりはずっと機能している。これを30代のリーダーが決断しているなら、相当能力は高い。私は、中国はずっと前から朝鮮半島には影響力を持っていたと思うし、この訪問は形式的な首脳会談だったのだと思う。もちろんアメリカも訪問は事前に知っていただろう。この動向がある時期に証人喚問を開く日本は、どう考えても情報を手にしていなかっただろうし、首相が北朝鮮問題を把握していないのも確実。そういえば、安倍氏はまだ習氏に中国でも日本でも逢った事がないはず。北朝鮮よりも、長期政権の日本の総理は後回し。やはり日本の外交は機能していない。安倍政権になってから良くなったというメディアの印象操作は間違っている。

朝日新聞・社説
佐川氏喚問 膨らむ疑問、募る不信

産経新聞・社説
佐川氏の喚問 核心の解明へ努力続けよ

日本経済新聞・社説
佐川氏喚問でも文書改ざんの謎は解けぬ

毎日新聞・社説
森友問題で佐川氏喚問 疑念深めた不自然な証言

読売新聞・社説
佐川氏証人喚問 改ざんの核心に迫れなかった

未だに時間を稼げばいいと思っている政府と関係した公務員には呆れる。時間がかかるほど、問題は悪化するのを、この1年で学んだと思うのだが。佐川氏の問題は検察に委ねるべきだろう。そこから政権を追いつめる方が効率的かもしれない。ますます自分で自分の首を絞める安倍政権。最後は第一次の政権より悲惨になりそうだ。

人民網日本語版
トランプ大統領発「貿易戦争」に中国はどのように対応? (2018.3.27)

錚々たる面々が参加した中国発展フォーラム。アメリカからの人選は、常にトランプ氏を批判しているサマーズ氏と、中国で莫大な利益を得てアメリカ経済にも影響力の大きいAppleのCEOのクック氏。中国に有利なメッセージを引き出し、グローバルのリーダーの合意形成を図っていくやり方は絶妙だ。ここでも日本には居場所がない。残念だ。

Comments are closed.