ORIZUME - オリズメ

3308.報道比較2018.3.24

3308.報道比較2018.3.24 はコメントを受け付けていません。

三重苦。無視してきた問題が無視できないレベルに悪化しただけで、リスクの芽はずっとあった。想定外の事故ひとつで崩れそうなほど、足元は不安定だ。2007年の頃のように。経済は復活のきっかけはつかめそうだが、政治は絶望的だ。

Wall Street Journal
重なる難題、市場は三重苦に耐えられるか (2018.3.24)

三重苦とは、メディアの劇場的な表現だ。無視してきた問題が無視できないレベルに悪化しただけで、リスクの芽はずっとあったものばかりだ。想定外の事故ひとつで崩れそうなほど、足元は不安定だ。2007年の頃のように。リーマンが破綻したあの時、中国は世界経済を支える役目を買って出た。だから今の中国がある。代わりに、とんでもない規模の債務が中国には生まれた。そして、iPhoneが生まれた。インターネットもモバイルも大きく変わった。今は?産業は自動運転やEVのインパクトはモバイル・インターネットに通じる規模になるかもしれない。世界経済を支える国は、残念だがどこにもいない。世界が歩調を合わせる基盤をアメリカが破壊しはじめている。経済は復活のきっかけはつかめそうだが、政治は絶望的だ。

朝日新聞・社説
米の対中制裁 貿易戦争回避に全力を

産経新聞・社説
米国の貿易制裁 国際秩序を損なう独善だ

日本経済新聞・社説
米国は一方的措置で通商秩序を乱すな

日本だけに限れば、この関税は日米首脳会議への布石だったのだろう。解除して欲しければ提案を持ってこい。話をしよう、と。だが、安倍氏は手ぶらだった。貿易赤字を減らしたいトランプ氏の意向を無視した。貿易赤字をどう捉えるかの是非論は問題ではない。中間選挙で貿易赤字が減ったと言いたいだけだ。気づかないフリをしたのか、無能なのか。安倍氏の外交は見えない。

毎日新聞・社説
自民党の9条改正論議 熟成を待たぬ粗雑な決着

読売新聞・社説
自民9条改憲案 明快な条文へ熟議が必要だ

昨日の朝日と似た議論。同じ課題を感じるなら、これは国会でやがて議論されるのだろう。ん?これは最初から論点を絞られ過ぎていないか?変える必要性の議論を蒸し返していいレベルの改悪ではないのか?

Comments are closed.