ORIZUME - オリズメ

3295.報道比較2018.3.11

3295.報道比較2018.3.11 はコメントを受け付けていません。

7年の間、ほとんど政権を担っていたのは安倍政権だった。震災復興以外でも、私たちは、リーダーシップを、代表者の選び方を再考すべきだ。何もかもが遅く、変わらない。

朝日新聞・社説
大震災から7年 「心の復興」への長い道

産経新聞・社説
東日本大震災7年 「未来の命」をしかと守れ 教訓を語り継ぐのが大切だ

日本経済新聞・社説
風評・風化を乗り越え復興確かに

毎日新聞・社説
大震災7年 福島の自治体 故郷との絆結ぶ手立てを

読売新聞・社説
大震災7年 復興加速へ的確な対処が要る

7年の間、ほとんど政権を担っていたのは安倍政権だった。震災復興以外でも、思い付く成果は乏しいが、復興も同様。かけ声だけで人が戻ることも、街が蘇ることもない。まして原発をどうするかのような議論は、支持率が高い時に進めて欲しい話題だった。私はよく民主党政権を素人、安倍政権を嘘つきと呼ぶが、嘘つきが去った後の政治は、きっと原発事故のように汚染されている。素人よりも始末が悪い。政治依存から少しでも脱却するのが、スピードアップには何よりも大事だと思うが、震災復興やエネルギー政策に政治は欠かせない。私たちは、リーダーシップを、代表者の選び方を再考すべきだ。何もかもが遅く、変わらない。

Wall Street Journal
呉越同舟の米朝首脳会談、好機と危機も隣り合わせ (2018.3.10)

人民網日本語版
外交部、トランプ氏と金正恩氏の会談に対する中国の見解 (2018.3.9)

私は、いまでも朝鮮半島の意思決定には、中国の戦略が強く影響していると考えている。北朝鮮を操るほどではないが、韓国は確実に牛耳っている。北朝鮮が最も望むものを、中国はアメリカが望むものと引き換えに手にする方法を教えた。協力するとも言っているだろう。トランプ氏だから動いたのは、中国がトランプ氏なら協力できるからだ。衝動的で、他国の支持がなく、ディールで考える。交渉には適役だ。

Comments are closed.