ORIZUME - オリズメ

3289.報道比較2018.3.5

3289.報道比較2018.3.5 はコメントを受け付けていません。

イノベーション。スクープ。行動が世界を変える。

Wall Street Journal
トランプ関税、原油市場にも不安広がる理由 (2018.3.5)

オイルはアメリカ経済の命綱で、それ故に中東への介入も、金融センターとしての役割も、意味不明な戦争も生まれてきた。だが、イノベーションがいつの間にか、アメリカの価値観を変化させている。当然、意思決定も変わる。安い原油利権のための行動が、自国のオイル輸出の産業保護に変わった。トランプ氏でなくても中東にアメリカが命を張るモチベーションは失うだろうし、原油の価格で世界を操る衝動に駆られる瞬間は、外交のたびに増えるだろう。アメリカ大陸のシェールが尽きれば、次はシェールの技術を元に世界で稼げる。イノベーションはここまで世界を変える。恐ろしいほど。

朝日新聞・社説
日韓歴史問題 ともに未来に進むには

産経新聞・社説
サイバー防衛 東京五輪にとどまらない

日本経済新聞・社説
新興国は力強い成長へ改革を問われる

毎日新聞・社説
障害者雇用率の引き上げ 経営者の意識が問われる

読売新聞・社説
憲法9条改正案 世論喚起へ具体的に論じよ

週が明けても、国内紙の論点はばらけ、まとまりが見えない。政権への不信を感じながら、どれほどのインパクトかを見極められずにいる。この時期の内閣支持率は平均で60%はあっただろう。1か月で半減し、いよいよ危険水域が囁かれはじめるのだが。不信の種を蒔き、反省もせずに1年経っても横暴でいた政府の無能さは批判されて当然だが、ひとつの事実が政権を叩き、その後の公務員のリークに風向きを変えた事実も忘れてはならない。

Comments are closed.