ORIZUME - オリズメ

3217.報道比較2017.12.23

3217.報道比較2017.12.23 はコメントを受け付けていません。

ノーベル賞を取った外人まで逃げ出した日本の財政再建。安倍氏がこれを是正したら、憲法改正よりずっと歴史に名を残すだろうが。いまやっていることは真逆だ。

朝日新聞・社説
来年度予算 防衛費 どこまで膨らむのか

産経新聞・社説
来年度予算案 切り込み不足は否めない 税収増頼み脱し改革に本腰を

日本経済新聞・社説
財政規律の緩みが心配な来年度予算

毎日新聞・社説
過去最大の来年度予算案 歯止めなき膨張の危険性

読売新聞・社説
18年度予算案 将来への不安に応えているか

選挙で安倍政権の得票が多かったことと、安倍氏のリーダーシップが評価されているかは、無関係だ。少なくとも、財政再建や構造改革を評価している人はいない。アベノミクスは株価の上昇と税収増で及第点は達成と言う人はいるが。ただ、誰でもいいので、この件を託せそうな人がいるか?と問われれば、外国人を含めても候補者は少ない。ノーベル経済学賞を取った人やら、アメリカの高官がやってきてアドバイスしたようだが、無責任な立場の助言は早々に破綻して逃げ出した。結局、この件は日本人が税を使ってケリをつけるしかない。国家が国民からカネを召し上げるには税くらいしか手がないのだから。となると…いまのツケを将来の世代に回しているというのは理にかなった表現で、日本には資産があるから大丈夫だとか、日銀が国債を無期限で抱えれば大丈夫という話は、詐欺師のペテンにしか聞こえない。さすがにそういう無責任な専門家の主張を引用する新聞はないが、読売は早々に10%の先の増税まで論じている。私は現実的で正しいと思うが、全紙が言うとおり、まずは「出費を減らせ」は全国民の意見だろう。今回の予算は、国民の期待に応えているよりは裏切っている。安倍氏の暴走に近く、悪い面が露呈したような印象だ。支持率が高いなら、国民総意で税を上げて解決するまで、まずは財務省を締め上げ、公務員を徹底的にリストラして、増税とともに国家予算のダイエットをする行動にも追い風が吹いているはずだ。残念ながら、行動は真逆。さらに太ってしまった。この政権を選んだのは私たちだ。来年から増税の風はさらに強まるだろう。

人民網日本語版
「世界トップクラス」に上り詰める中国ブランド (2017.12.22)

今から30年ほど前の日本は、今回の人民網のような記事を書いていただろうか?中国のパワーが強まれば、中国のブランドが覇権を握る。人口も世界最大で、世界中に華僑やビジネスを広めている中国なら、日本以上の加速度で世界に認知度を高める。私には自然な印象だ。やがて、知られるブランドの半数は中国のものになるだろう。生産でMade in Chinaはすでに半分以上を占めている。中国の会社の名前を書いた方が価値が上がれば、ラベルを替えるのはたやすい。世界の名だたる企業の資本にも中華系はどんどん入り込んでいる。世界トップクラスで喜ぶのは少しの間。やがて、ランキングの占有率を語りはじめるだろう。
そこから、本質的なイノベーションを中国が牽引し、ライフスタイルを中国が創出する日が楽しみだ。中国が描く世界が憧れるライフスタイルとは、どんなものだろう?

Wall Street Journal
トランプ氏を中間選挙戦から遠ざけよ (2017.12.22)

相当な皮肉かと思ったら、ジョークではなく大まじめだ。トランプ氏はかなり煙たい存在のようだ。彼を持ち上げたい人種がホワイトハウスにいるなら、どこの世界にも太鼓持ちと呼ばれる人種がいるようだ。トランプ氏よりも、本当に排除したいのは、取り巻きたちだ。

Comments are closed.