ORIZUME - オリズメ

3201.報道比較2017.12.7

3201.報道比較2017.12.7 はコメントを受け付けていません。

トランプ氏のエルサレムの話は知っていても、NHKの受信料を最高裁が合憲と言ったニュースは聞こえてこない。40代の日本人の私に。隔絶された生き方でもないし、不自由も感じない。そんな時代だ。

Wall Street Journal
米大使館移転に反対するユダヤ的根拠 (2017.12.6)

毎日新聞・社説
米がエルサレムは「首都」 対立あおる危険な決定だ

シオニストからも批判されるトランプ氏のエルサレム首都宣言。冷静なユダヤ人の寄稿の方が、奇妙な行動よりずっと説得力がある。トランプ氏は何をしたいのか、相変わらず判らない。

朝日新聞・社説
NHK判決 公共放送の使命を常に

産経新聞・社説
受信料「合憲」 公共放送の役割胸に刻め

日本経済新聞・社説
受信料合憲でも課題山積だ

読売新聞・社説
受信料制度合憲 NHKの在り方を考えたい

ドタバタを日常を過ごしていたら、このNHKの話題は、私は10日経て初めて知った。トランプ氏のエルサレムの話は知っていても、NHKの受信料を最高裁が合憲と言ったニュースは聞こえてこない。40代の日本人の私に。隔絶された生き方でもないし、不自由も感じない。そんな時代だ。民間の報道機関、放送局がNHKをことさら敵視する理由は判る。CMの流れない放送局が、ニュースも娯楽も潤沢な予算で充実させ、人々はネットに流れ、広告はいつでも疎まれる。私は10年ほどテレビに触れていないが、解毒されたように健やかな日々を送っている。震災さえ、NHKも民間のニュースも必要なかった。自衛隊を軍隊と呼ばないように、NHKを国営放送、公共放送をなるべく表現せずに逃げてきた組織を、今さら、最高裁が合憲と言ったところで、情報はテレビに依存しなくなり、知識は世界中からいつでも得られる社会になり、娯楽も価値観も分散した。NHKがネットでコンテンツを売るなら、私は期待して待つが、国際競争の中で勝てる能力を持っていると言える自信は、私はない。月額で強制課金できる説得力のあるコンテンツは、世界にもほとんどない。司法が認めたから安泰と言うこともないだろう。競争に勝つだけの品質を期待している。
新聞は、どこも苦々しい社説ばかり。NHKに一矢報いるコンテンツを模索する意志は感じられない。このままなら、やがて日本の放送局は、すべて外資に食われるか、消失するだろう。

Comments are closed.