ORIZUME - オリズメ

3198.報道比較2017.12.4

3198.報道比較2017.12.4 はコメントを受け付けていません。

読売の社説のクオリティが高まっている。部数やビジネスの規模も大きいだけに、正しく変化してくれれば、日本の報道の中心を担える。期待を裏切らないで欲しい。

読売新聞・社説
核軍縮賢人会議 粘り強く「橋渡し役」を務めよ

良い。もっとも新聞らしい社説。こういう建設的な話を、新聞から聞きたい。アメリカや核にもアレルギーの少ない読売や産経は、とかくアメリカへの奇妙な配慮が目立った。核兵器廃絶を訴える人たちから、建設的な言葉を見出したのも報道のあるべき姿だ。彼らがヒステリックに、妄想的に平和だけを論じているのではないのを、読売が伝える意義は大きい。今回の選挙後のニュートラルな読売のクオリティは高まっている。部数やビジネスの規模も大きいだけに、正しく変化してくれれば、日本の報道の中心を担える。期待を裏切らないで欲しい。

産経新聞・社説
広がる品質不正 産業界あげて襟をただせ

完全にブーメランに打ちのめされた榊原氏と東レ。海外は失笑どころか爆笑しただろう。経団連会長を即辞任してもいいほどの失態だ。産経の言うとおり「バレないだろう」の思惑が見え、それを内部告発で足下が崩れたという最悪の事態。いまの経営者は自分たちの価値観を再考した方がいいだろう。今の時代、バレない不正など期待しない方がいい。忠誠という言葉が消えたのは、転職が当たり前になったからではない。世界でも類を見ない薄給で内部留保に精を出す会社に、なぜ嘘をついてまで仕えなければならないのか。表で言うことと裏で言うことに違いのある人たちに、なぜ使われなければならないのか。嘘をついてまで守るべき未来があると感じられる会社も、日本にはもうないのだろう。今回の日本は、外圧ではなく内部崩壊していくだろう。高度成長をつくった世代のやり方を、学んだように見えて何も知らない現在の経営世代は、危機を越えるリーダーシップを発揮できない。次の世代の信任も得られない。ただ、次の世代も新しい時代の作り方をまだ見出していない。試行錯誤で探し当てるしかない。その挑戦をつづければ、10年後くらいには新しい日本がはじまるかもしれない。

日本経済新聞・社説
がんと仕事の両立に工夫を

後述の朝日に比べれば、問題定期の姿勢は冷静で好感が持てる。発端が政府の取り組みだからかもしれないが、是非論に陥っていないのがいい。やがて対象が、がんだけでなく別の疾病にも広がっていけば、日本の職場の多様性はさらに高まるだろう。属人的で、会社をひとつの社会のように形成して統制する時代が終わろうとしているのだと思う。理想的だ。

朝日新聞・社説
議場に乳児 問題提起に向き合おう

これを書いた朝日の担当者は男性だろうか?ならば、なかなかのバランス感覚。活躍を期待したい。個人的には、会議にこどもを連れて出席するのは明らかにパフォーマンスなのだろうから、是非論を唱えても意味は感じない。問題提起の手段と、結果は成功だろう。論争を巻き起こし、知名度が上がれば議員は満足なはず。そこから建設的な議論をはじめるべきだろう。他国の閣僚や議会で授乳を列挙するのがいいとは思えない。それもパフォーマンスであり、是非論が混乱するだけだ。男女の同権と、議会を加齢臭がするオッサンが占拠している閉塞的な日本への問題対決には、パフォーマンスではなく、冷静な事実で対処して欲しい。

毎日新聞・社説
危機の社会保障 首都圏の「介護難民」 五輪後では間に合わない

マッチ・ポンプといわれるメディアにありがちな扇動の、マッチで火をつけるところだけに終始する内容。以前から指摘される問題を突然切り出した理由は何だろう?単純に話題がなかっただけではないだろうか?

Wall Street Journal
米税制改正、多国籍企業への影響プラス面大か (2017.12.4)

いつも土壇場で結果のために動き回る政府と議会。それでも今回の減税訪販の審議は、落ち着いたものだった。アメリカ・ファーストや減税を嫌う人はいない。この好景気の中、減税する意味が通らないとの指摘もあるが、設備投資がまるで増えない現状は、成長エンジンを絶対視するアメリカにとっては完全雇用状態の失業率を達成しても危機感を持っているのだろう。日本政府の構造改革への意識と比較すると、実にうらやましい。これでアメリカへの資金流入は加速する。あとはドル高を抑止できれば、次の中間選挙まで景気は延命できる。そんな読みどおりに進むことを祈っている。

人民網日本語版
習近平総書記 「中国共産党と世界政党の上層部対話」で演説 (2017.12.3)

ずいぶん話が壮大になってきた。これが核心たる皇帝の演説だろうか?やはり中国の息苦しさが強まっている気がしてならない。

Comments are closed.