ORIZUME - オリズメ

3177.報道比較2017.11.13

3177.報道比較2017.11.13 はコメントを受け付けていません。

国内紙が休刊のため、中国とアメリカから。習氏と安倍氏が握手すると、一番最初の苦渋に満ちた習氏の表情を思い出す。数年経って、ようやく雪解けだろうか。政治を待たずに動いた方がずっと利益に預かれそうだ。

人民網日本語版
習近平国家主席が日本の安倍晋三首相と会談 (2017.11.13)

習氏と安倍氏が握手すると、一番最初の苦渋に満ちた習氏の表情を思い出す。あの顔は戦略的だったのだろうが、いま思えば大きな失敗だったと後悔しているはずだ。すでに日本を抑え、いつでも優位に立てる大国のリーダーなら、あの顔を安倍氏にさせなければならなかった。あれから数年の時を経て、ようやく日中には対話の環境が整いつつあるようだ。ふたりを見る限り、積極的な関係が生まれることはないだろう。中国に近づきたい私は、政治を待つことなく積極的に動きたいと思う。

Wall Street Journal
ビットコイン、史上最も派手なバブルか (2017.11.11)

ビットコインには、数年前に注目していた。買っても使えそうもない状況に呆れて手を出さなかった。今の状況を見ても後悔はない。未だに日本では使い道がない。テクノロジーと発想に興味を持ったからか、投資むけの金やIT株と考える対象としては、私には違和感がある。Apple株、Tesla株も、騒がれている時期に手を出したら、ビットコインよりもずっと利益が出た。今でも10株に満たない株をどちらも持っているが、明日、利益が吹き飛んでも構わない。ずいぶん楽しませてもらったし、買ったのは利益よりは未来やロマンだった。ビットコインにバブル臭がしはじめてから、ロマンは消えた。仮想通貨が世界のキャッシュに取って代わる日は来るのだろうが、それはiPhoneやモデル3の登場ほど清々しいものにはなりそうもない。なぜ金融ワールドは、いつもこうなるのだろう?興ざめだ。

Comments are closed.