ORIZUME - オリズメ

3107.報道比較2017.9.4

3107.報道比較2017.9.4 はコメントを受け付けていません。

北朝鮮の挑発レベルが、技術も含めてロシアが支援しているのでは?と思えるほど大胆になってきた。動けないトランプ政権。石油禁輸など、実現性は低い。いまのアメリカは時間を稼いでいるだけだ。ならば日本も…口先だけ?

朝日新聞・社説
核実験の強行 国際枠組みの対処急げ

産経新聞・社説
北朝鮮の核実験 最悪の暴挙を許さない あらゆる手立てで国民守れ

日本経済新聞・社説
核実験強行の北朝鮮に石油禁輸制裁科せ

毎日新聞・社説
北朝鮮が大規模核実験 全力で危機を封じ込めよ

読売新聞・社説
北朝鮮核実験 脅威を具現化する金正恩政権

北海道の上を通過した時に比べ、国内紙の緊張感は弱い。アメリカ依存、ロシアと中国への期待ばかり。自国の防衛を語ったのは、精神論だけの産経だけだ。
今までのアメリカなら、セオリーがあった。トランプ大統領が理解不能なことが、アメリカに依存する日本の不確実性を高めている。挑発のレベルは、技術も含めてロシアが支援しているのでは?と思えるほど大胆になってきた。トランプ氏がロシアには遠慮があるのを知った後からはじまった強行の数々。ますます動けないトランプ政権。石油禁輸など、実現性は低い。いまの攻め方は、アメリカは時間を稼いでいるだけだ。何もする気がないのではないだろうか。ならば日本も…口先だけ?

人民網日本語版
BRICSビジネスフォーラム 規模も人数も過去最高に (2017.9.3)

中国とロシアが逢う前に、平然と核実験をした北朝鮮。中国もロシアもすっかり顔を潰されたが、アクションは伴わない。確実に「知っている」か「今の状況は強要範囲」だ。核実験には、日米韓だけでなく、ヨーロッパも非難するだろう。動けないトランプ政権を中国、ロシア、北朝鮮は警戒しているようには見えない。むしろ、エスカレートするのではないだろうか?

Wall Street Journal
アマゾン、アレクサに経営資源集中 AIスピーカー競争激化で (2017.9.2)

ずっと注目しているAlexaとEchoだが、日本で発売される前に、競争激化までトレンドは進展してしまった。アメリカではAmazonは独占禁止法を意識するレベルまで、あらゆる領域で寡占化が進んでいる。すでに生鮮食品もAmazonで買う人が増えはじめているアメリカでは、Amazonはライフラインになりつつある。ボタンを押すだけで注文が完了するDashは、やがてボタンさえなくなり、量が減ったら自動で発注されるミネラル・ウォーターやシャンプーは具体化がはじまっている。「音声で欲しいものを言うだけ」も、浸透スピードは早かったプライバシーやデータ・マイニングは広告より物販でセンシティブに情報を扱ってきたAmazonはGoogleよりユーザーの信頼は高い。Alexaは、Amazonが圧倒的シェアを握る領域。派手さはなくても、いつしか大きなパイを取っているのがAmazon。今回も、同様のステルス・スタイルで攻めてくるだろう。

Comments are closed.