ORIZUME - オリズメ

3087.報道比較2017.8.15

3087.報道比較2017.8.15 はコメントを受け付けていません。

終戦記念日の報道比較。日本の価値観も分断が進み、もうすぐ両者の断絶は修復困難なレベルになると感じる。また同じ過ちを繰り返す。今のままなら。また敗れ、何もかもなくすのだろうか。

朝日新聞・社説
72年目の8月15日 色あせぬ歴史の教訓

今年も8月15日を迎えた。「不戦の誓いとか戦争体験の継承とか言われても、時代が違うのだから」。若い世代からそんな戸惑いが聞こえてくる。たしかに同じ歴史がくり返されることはない。戦争の形も時代に応じて変わる。だが、その土台を支える社会のありように共通するものを見ることができる。そこに歴史の教訓がある。安保法制や「共謀罪」法が象徴のように言われるが、それだけでない。もっと奥底にあるもの、いきすぎた自国第一主義、他国や他民族を蔑視する言動、「個」よりも「公の秩序」を優先すべきだという考え、権力が設定した国益や価値観に異を唱えることを許さない風潮など、危うさが社会を覆う。72年前に破局を迎えた日本と地続きの社会に生きている己を自覚し、再び破局をもたらさぬよう足元を点検し、おかしな動きがあれば声を上げ、ただす。それが、いまを生きる市民に、そしてメディアに課せられた未来への責務だと考える、としている。

産経新聞・社説
終戦の日 「名誉」は守られているか 真の歴史知り危機に備えたい

72度目の終戦の日を迎えた。日本を守ろうとして斃れた人々に感謝し、慰霊を尽くすことを全世代が心に刻む日である。日本の近隣では歴史を歪曲し、日本をおとしめる活動をますます活発化させる国が今もある。外交カードとして、靖国参拝問題も公然と用いられてきた。安倍晋三首相は第2次政権発足から1年を経た平成25年12月に参拝した後、参拝を控えている。参拝の際、首相は「二度と戦争の惨禍によって人々が苦しむことのない時代をつくるとの誓い、決意をお伝えするため」と理由を述べた。そうした考えなら、簡単に変わりようもないはずだ。にもかかわらず、「外交上の配慮」が優先されている現状は残念である。参拝の再開を求めたい。中国や北朝鮮を原因とする危機が迫っている。日本の主権や国民の生命が危うい。備えることの重みを理解する上で、終戦に伴う数々の犠牲の史実を知り、無念さに応えようとする大切さを思い起こしたい。それは日本人の名誉を守ることであり、これからの日本を担うものの責務といえるだろう、としている。

日本経済新聞・社説
わだかまりなく戦没者を追悼したい

戦後72回目の終戦の日を迎えた。先の大戦で惨禍を被った内外の多くの犠牲者を悼み、平和への誓いを新たにしたい。沖縄戦では家族全滅、集落全滅が少なくなかった。悼む人すらいなくなっていた無名の犠牲者が、戦後半世紀を経て、ようやく弔われる場を得た。平和の礎の特徴は、どこの国籍か、軍か民間か、そうしたことを一切区別せず、戦地で倒れた延べ24万人の犠牲者全員を等しく刻印したことだ。亡くなれば敵も味方もない。こうした死生観は多くの日本人が共有するものだろう。平和の礎は追悼施設であると同時に、日米の、さらには本土と沖縄の「和解の象徴」でもあるのだ。いちばんよいのは靖国神社を巡る問題を解決することだ。赤紙で召集された兵隊さんのために参拝した。鎮霊社で中韓の犠牲者にも手を合わせた。そう釈明しても、参拝すれば合祀されている東京裁判のA級戦犯を肯定したと受け止められても仕方がない。分祀と呼ぶのが適当かどうかはともかく、靖国と戦争指導者の間に一線を引く。そうすれば、周辺国との関係改善に資するし、何よりも遺族がわだかまりなく参拝できるようになる、としている。

毎日新聞・社説
きょう終戦の日 目指すべき追悼の姿とは

今年も8月15日がめぐってきた。政府が終戦の日に全国戦没者追悼式を開くようになったのは1963年からだ。日中戦争以降の戦没者310万人を悼み、不戦を誓う国家行事だが、会場の日本武道館はあくまで1日だけの設営である。2008年2月、滝実衆院議員は空襲被害者向けの国立慰霊碑の建立を求めて質問主意書を出した。福田内閣は、兵庫県姫路市にある「太平洋戦全国戦災都市空爆死没者慰霊塔」の平和祈念式に政府代表も参列していることを理由に、建立の考えはないと回答している。国家は国民の共同体として存在する。国家意思は変わっても国民への責任は負い続ける。その国家が進めた戦争による犠牲者の追悼をめぐって、戦後日本は異なる流れをまとめられずに今日まできた。国立の恒久施設のない現状では、この溝が埋められない。政府は歴史的な経緯や差異を乗り越える努力をすべきである。それでこそ「不戦の誓い」は強さを増す。72年続く平和がすべての戦争犠牲者を礎にしていることは言うまでもない。立場や事情を問わずに等しく追悼できる環境を整えることが、死者への責任の果たし方だろう、としている。

読売新聞・社説
終戦の日 平和の維持へ気持ちを新たに

72回目の終戦の日を迎えた。東京・日本武道館では政府主催の全国戦没者追悼式が開かれる。先の大戦の死者は310万人に上る。志半ばで亡くなった人々の尊い犠牲を礎に今日の平和と繁栄がある。改めて胸に深く刻みたい。安倍首相は、9条を維持したまま、自衛隊の根拠規定を加える憲法改正を提起した。長年の不毛な自衛隊「違憲論」に終止符を打つとともに、自衛官が誇りを持って厳しい任務に取り組めるようにする。そのような意図は理解できる。自民党は、改正案の議論を進めている。「戦力不保持」などを定めた9条2項との整合性を取ることが欠かせない。熟議を重ね、説得力のある案をまとめてもらいたい。懸念されるのは、日米韓の結束が求められる今、韓国の文在寅政権に歴史問題を蒸し返そうとする動きが出ていることだ。鄭鉉栢女性家族相は、慰安婦問題の関連資料を国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」に登録しようとする民間団体を支援する、と表明した。慰安婦問題の「不可逆的な解決」や、国連などでの「非難、批判の自制」を確認した2015年の日韓合意を無視するものだ、としている。

終戦記念日の報道比較。第一印象は、日本の価値観も分断が進み、もうすぐ両者の断絶は修復困難なレベルになると感じる。終戦記念日に、戦時中の価値観のような「名誉」を平然と書き、真の歴史と修正主義を進める日本が、安倍政権発足から10年も経たずに進んだことに驚愕する。2紙もあるということは、これは日本国内のそれなりの母数を持っているのだろう。彼らの価値観が、護憲派と呼ばれる人たちと対話できる気がしない。改憲派にとっては、もはや終戦記念日さえ自身の主張の正当化に利用する対象になったようだ。
一方で、朝日の超保守に感じられる若い世代の戸惑いという表現にも違和感がある。若い世代の方がずっと平和への理解やこだわりが多いと私は体験から学んでいる。むしろ老害と呼ばれる世代ほど中国を嫌い、不戦を唱えながら沖縄を平然と放置している。少なくとも、若い世代にはアメリカに必要以上の依存も畏怖もなければ、中国や韓国に必要以上の嫌悪や罪悪もない。
日経の社説が、もっともニュートラルで腑に落ちるのは、どの世代にとっても、海外の人たちから見ても論理的で整合性のとれた意見だからだろう。名誉を守れ、不戦を誓えと言うなら、海外の人たちが苛立つ論点は除去してから素直にやればいい。改憲にこだわるなら、同盟のあるアメリカにも、近隣で過去に占領までした中国や韓国にも納得できるものにしたい。当然の感覚だし、日本人が地球上で平和にありたいと願うなら、当然のマナーであり、過去の歴史から学んだ歩み方のはずだ。
メディアも政治も、必要以上にこだわり、意味のない争いをつづけようとしている。彼らに意図があるなら本意を聞きたいのだが、どうやら「過去にそう言ってきた自分を否定できない」という、馬鹿馬鹿しいが人間がよく陥る自己呪縛に囚われているに過ぎない。自己呪縛は、敗戦を起こした日本が70年前に示したままの姿だ。
また同じ過ちを繰り返す。今のままなら。また敗れ、何もかもなくすのだろうか。

Wall Street Journal
トランプ氏、白人至上主義団体を名指しで非難 (2017.8.15)

週末に米南部バージニア州で起きた白人至上主義者らと反対派との衝突を巡り、ドナルド・トランプ大統領は14日、クー・クラックス・クラン( KKR )などの白人至上主義団体を名指しで非難した。2日前には「多方面」に責任があるとし、同州シャーロッツビルでの集会を企画したネオナチや白人至上主義者に直接は言及しなかったことで、共和・民主両党の政治家や市民運動指導者らの反感を招いていた。 12日には白人至上主義者の集会に抗議する人だかりに車が突っ込み、1人が死亡した。司法省はこの事件の捜査を開始した。トランプ氏は「正義が下される」とし、「私が土曜日に言ったように、この憎悪、偏見、暴力のひどい表現をわれわれはできる限り強い言葉で非難する。米国に存在の余地はない」と述べた、としている。

なぜこれを最初に言えないのか。なぜホワイトハウス全体としての意見とトランプ氏のTwitterにはギャップがあるのか。アメリカで見たくない人間として最も醜い争いが、トランプ氏のせいで論点がずれる。北朝鮮の緊張も、オバマケアの改変も、何もかだ。

人民網日本語版
米国が対中貿易調査発動か 一国主義的措置に反対の声 (2017.8.14)

米国の政府高官が12日に明らかにしたところによると、同国のトランプ大統領が14日に大統領令に署名して、ライトハイザー通商代表にいわゆる「中国の不公平な貿易行為」に対する調査を発動するかどうかの決定を下すという。こうした動きから、各界では米国が一国主義的行動を取って中米経済貿易関係を損なうのではないかとの懸念が引き起こされている。ライトハイザー通商代表が「通商法」第301条を適用して、中国に対し「301調査」を発動する可能性があることを意味する。第301条は通商代表に他国の不合理な、または不公平な貿易行為に対する調査発動の権限を授与するとともに、調査終了後に米大統領へ一方的制裁を実施するよう提言できるとしている。米国が「301調査」を発動する可能性について、中国商務部(商務省)の高峰報道官は3日、「WTO加盟国が採用する貿易措置はすべて、WTOルールを遵守しなくてはならない。中米経済貿易関係は中米二国間関係にとって非常に重要で、両国が協力しあえばどちらにも利益になり、争えばどちらも傷を負う」と述べた、としている。

トランプ政権のアメリカ・ファーストというメッセージは、保護主義で利己的なマイナス・イメージを植え付けてしまった。アメリカと中国が経済で調停や裁判を起こしたら、いまのリーダーシップなら、中国が世界の世論のバックアップを得る可能性は十分にある。中国は周到に経済でも南シナ海と同じことをしようとしている。

Financial Times
フェイスブックが万人に基本所得を支給すべき理由 (2017.8.8)

アラスカでは1976年、永久投資基金なるものを設立する憲法改正案が承認された。同州で始まった石油ブームによる収入を原資にした基金で、その数年後には、登録住民全員に配当金を支払い始めた。配当金の額は基金の運用成績に左右されるが、過去10年の実績は1人当たり年額で878~2072ドルとなっている。社会への貢献度や保有する富の多寡とは無関係に支払われる、事実上のUBIだ。フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は先月、アラスカを訪問して同州の社会福祉プログラムを称賛し、「この国のほかの地域にとって貴重な教訓」をもたらしているとコメントした。シリコンバレーのほかの起業家たちと同様に、ザッカーバーグ氏は、自動運転などの新技術によって大量の雇用が今後失われていくと考えている。そしてそのような世界では、新しい社会契約を作り出す必要があると主張している。ベーシックインカムはその答えの一部になり得るかもしれない。「新しいことに挑戦できるようにするためのクッションを全員に提供するUBIのようなアイデアをもっと検討してみるべきだ」。ザッカーバーグ氏は5月、ハーバード大学の卒業式でのスピーチでそう語った。そのとおりだ、マーク。試しにやってみてくれ、としている。

アイディアとしては称賛する。そして、さすがマーク。データの価値を、ベーシック・インカムのオブラートに包めば、誰もがデータを好んで提供し、義務と化すこともできると。富裕層には、データを秘匿する権利で増税すればいいとでもいうのだろうか?
IT側の、いまの理不尽なデータ収集を少しでも見たことがある人は、この案を嫌悪するだろう。少なくとも、私はイヤだ。こう書くと、誰もが個人情報というものの曖昧さとデメリットが描きにくく、監視社会や、ある日突然に銀行口座からカネがなくなることを恐れるかもしれない。現実として、それはない。犯罪のようなデータ収集にFacebookが加担することもない。
起きることは、今までテレビで頭脳を汚染されてきたようなことに似ている。行動がすべて見られているから、もう少しドラスティックだが。ためしに、Googleで「マンション 東京23区」とでも検索してみればいい。その後、数日間、あなたの見るウェブサイトの広告に注目して欲しい。徹底的に都内のマンションが表示されるはずだ。これは悪い事ではない。本当に求めているなら。また、いたずらでやるのも問題ない。テレビをザッピングしているのと同じだ。意識が動いているうちは、広告に人が流されることはない。
だがもし、奇妙な腹痛が起きたら?勤め先を変えたいと思ったら?夏休みの旅行先を変えなければならない事態になったら?意思決定を少しでも急ぎたい時、広告はあなたの脳に短絡的な結論を促す。広告主に悪意はない。いいじゃないか。経済合理性としては正しい。広告を圧倒的に投下できる資金を持つ人たちが、またでき上がる。その後ろで、胴元のFacebookは寝ていても巨万の富を手にしている。ここまでは、いま現在起きている現実だ。ついでに、こんなキーワードを入れてみれば、事態の深刻さが判る。
「借金 金利」「日雇い」「転職 学歴不問」あたりを。社会的弱者に、どれだけ悲惨な広告が透過されるかを見てみればいい。ベーシック・インカムを語る前に、いま現在でもデータが価値を生むとマークが主張するダークサイドも理解すべきだ。
マークが一方で研究しているAIは、もう少し先を見ているはずだ。転職した人に6か月後に資格の提案をするとクリック率が高い。引っ越しを検討している人には家具が売れる。これが、自動で、あなたの行動をトラッキングしながら行われる。もし、少しの困難が起きただけで…悪夢のような事態になる。稼げば投資や不要な高額商品が列挙される。データが価値を持つ?マーク、あなたの口からだけは聞きたくなかったキーワードだ。それをベーシック・インカムの原資に?私にはオイルよりずっと淀んで見える。

Comments are closed.